ロシア革命と第一次大戦との関係とは?

ロシア革命と第一次大戦の関係を教えてください。

ロシア革命は第一次世界大戦中の1917年に勃発しており、そのきっかけは第一次世界大戦の参戦にともなう深刻な経済不況にあります。第一次世界大戦が始まると、ロシアはイギリス・フランスらの協商国側として参戦しましたが、社会のあらゆるリソースを動員する総力戦となったため、国民は厳しく制限された生活を強いられました。

 

さらに

 

  • 大勢の農民が戦争に動員されたことで農業生産性が著しく低下し、深刻な食糧不足に陥った。
  • 近代化に遅れていたこともあり、ドイツとの東部戦線での戦いは敗け続きだった。

 

ということもあり、皇帝政府への不満は戦争が長引くごとに増大していきました。

 

そんな中で、1917年3月(ロシア歴2月)に首都ペトログラードの労働者がゼネストを起こします。反戦機運の高まりの中、戦争に嫌気がさした兵士も民衆側に回り、反政府運動はもはや制御不能となりました。

 

その結果、皇帝は退位に追い込まれ、帝政は崩壊。臨時政府が立てられ、共和政が始まりまったのです(二月革命)。

 

しかし統治を引き継いだ臨時政府は戦争継続の方針をとったため、すぐに民衆の支持を失います。

 

そこで社会主義者のレーニンが十月革命を起こし、臨時政府を打倒。社会主義政権を打ち立てたのち、ドイツと単独講和条約(ブレスト=リトフスク条約)を結び、第一次世界大戦から離脱したのです。

 

その後は反革命勢力との内戦を経て、一党独裁体制を確立。ポーランドやウクライナなど社会主義共和国を連合し、社会主義国家ソビエト連邦を誕生させた、という流れになります。