コルテスとは何をした人?〜アステカを征服〜


コルテスの基本情報

 

本名:エルナン・コルテス
別名:コンキスタドール(征服者)
生年:1485年
没年:1547年
出身:エストレマドゥーラ地方
死没地:アンダルシア地方
政策:アステカ征服

 

コルテス(1485年 - 1547年)とはスペインの探検家で、メキシコのコンキスタドール(征服者)として知られる人物です。エストレマドゥーラ地方にて生まれ、航海者として活動を続ける中、ラテンアメリカ・メキシコ高原にあるアステカ帝国の存在を知り、征服計画を抱くようになります。そして1519年遠征に出発、1521年アステカ帝国を滅ぼし、ヌエバ・エスパーニャ植民地を建設、「日の沈まない帝国」の基礎を作ったのです。巨万の富を手にしたコルテスですが、その富を背景に増長した権力をスペイン王室に危険視され、26年には統治権をはく奪されています。その後は死ぬまで冷遇されて過ごしました。