古代ギリシャ時代

古代ギリシャの自由と民主主義という価値、その文化的起源と尊厳がなかったら、ヨーロッパは存在しないだろう。

 

ドイツ社会学者 ウルリッヒ・ベック(1944-2015年)

 

古代ギリシャは、ギリシャ共和国周辺地域(ペロポネソス半島を中心としたバルカン半島やエーゲ海の島々)で栄えた、信仰(ギリシア神話)や言語(古代ギリシャ語)を共有する文化圏のことです。ポリス(都市国家)と呼ばれる都市サイズの国家群がその担い手となり、最盛期を迎えた前5〜前4世紀には「民主主義」を始め、現在に続く様々なヨーロッパの文化・価値観の基礎が築かれました。

 

 

古代ギリシャ文明の繁栄

前2000年頃、ペロポネソス半島のミケーネを中心に、ミケーネ文明(ミュケナイ文明)と呼ばれる青銅器文明が繁栄しました。ミケーネは「線文字B」「アガメムノンの仮面」が象徴するように、非常に先進的な技術を持っていましたが、「前1200年のカタストロフ」を受け崩壊してしまいます。

 

ポリス社会の成立

カタストロフの後、ギリシアは著しく文明が後退する暗黒時代を経験しますが、その間に鉄器がもたらされ復興の原動力となります。前8世紀半ばには、ポリス(都市国家)が各地に成立し、「自由」と「自治」の精神のもと政治的・文化的に発展していきました。

 

ポリス社会が栄えて人口が増えてくると、ギリシア人は黒海沿岸・小アジア・南イタリア・イベリア半島など方々に植民を行うようになり、イスタンブール,ナポリ,マルセイユなど現在に続く都市の原型を築きました。

 

アテナイの繁栄

前5世紀前半、アナトリアから侵攻してきたアケメネス朝ペルシアを、ギリシアポリスで連合を組み撃退しました。このペルシア戦争で最も活躍したアテナイは、デロス同盟(前478年)を介して他のポリスを支配するようになり、「アテナイ帝国」とも呼べるギリシア覇権を確立。他のポリスからかき集めた税により大いなる繁栄を享受します。

 

以後アテナイがギリシアにおける文化の中心として、歴史的にも重要な位置を占めるようになり、その覇権はペロポネソス戦争(前431年〜前404年)でスパルタに敗れるまで続きました。

 

アテナイで数学・天文学・科学・物理学・地球科学など広く様々な自然科学の基礎が生まれたのは、人々が繁栄で生まれた余暇で、自然の成り立ちについて自由に思考できるようになったことが背景にあります。

 

 

古代ギリシャの衰退

ギリシア特有の自由で合理的な精神文化は、自由と自治を理念とするポリス社会だからこそ発展してきました。しかし独立心が強いからこそ、繰り返されるポリス同士の覇権争いで、前4世紀頃からギリシア社会全体が衰退に向かっていきます。

 

そんな中、北方から勢力を伸ばしてきたのがマケドニアという中央集権的な広域国家で、内乱で疲弊したギリシアポリスは、前4世紀末にはこの大国の支配下に置かれてしまいます。これにより、従来の伝統的な「自由」を理念とするポリス社会は終わってしまいました。

 

ヘレニズム文化の繁栄

一方で、マケドニアによる東地中海世界征服により、ヘレニズム文化という新しい文化が栄え、ギリシア文化がオリエント世界でも通用する超民族的普遍的性格を持つようになるヘレニズム時代が到来します。マケドニアは前2世紀後半ローマに吸収されてしまいますが、ヘレニズム時代はローマがエジプトを征服する前30年まで300年も続きました。

 

またギリシア世界を征服したローマですが、ギリシアの古典や神話、文学などは「文化的にはギリシアがローマを征服した」といわれるほどローマに多大な影響を与えました。ローマは前1世紀後半に地中海世界を統一し、現在に続くヨーロッパ世界の原型を創りますが、あくまで「ヨーロッパの起源はギリシア」といわれるのは、ローマ文化の基礎にあったは、ギリシア文化であったからなのです。

 

古代ギリシャの復興

宗教や権威に頼らず主体的に思考する古代ギリシャの精神文化は、14世紀以降のルネサンス時代に再評価され始めます。ルネサンスにより超自然・宗教的な思考が支配的であった「中世」から、現実的・科学的思考を重視する「近代」への脱皮が始まり、ルネサンスを背景とした科学的発見や技術的蓄積が、のちにヨーロッパが世界をリードしていく上で重要な原動力となるのです。

 

 

古代ギリシャ時代に関する記事一覧

dummy
古代ギリシャ人はどんな服装をしていた?

古代ギリシャ人の服装は、一枚布を体に巻きつけるだけの非常にシンプルなフォーマットで、これに関しては貧富の差に関係なく共通でした。バルカン半島が温かい地域ということもあり、ゆったりとした、体の線がゆるやかに浮き出ているのが特徴です。外出時にはヒマティオン、クラミュス、エフェストリスと呼ばれる外套を着用していました。とりわけ女性はペプロスやキトンと呼ばれる一枚布を着用し、腰ひもやフィブラと呼ばれるピン...

Read More
dummy
古代ギリシャの三大哲学者とは?

古代ギリシアで勃興した哲学をギリシア哲学と呼び、ヨーロッパ哲学の源流とされています。メソポタミア文明やエジプト文明といった先進文明に影響を受けながら発展し、古代ギリシア、古代ローマといった古代文明が衰退した後も、その精神は東ローマ帝国へと受け継がれていきました。そんなギリシア哲学が、普遍的な学問体系として開花されるに至ったのは、以下の三人の哲学者による業績によるところが大きい、ということは知ってお...

Read More
dummy
古代ギリシャっていつからいつまで?

「古代ギリシャ時代」のどこを始まりとし、終わりとするかという議論には諸説ありますが一般的には、 メロポネソス半島を中心としたバルカン半島やエーゲ海の島々において文明が発生し(紀元前30世紀頃)、古代ローマがその地域一帯を支配するまで(紀元前2世紀)が古代ギリシャ時代といわれています。古代ギリシャの始まりと終わり紀元前3000〜前2500年頃に古代ギリシャ最古の文明とされる青銅器文明「エーゲ文明」が...

Read More
dummy
古代ギリシャの公共広場「アゴラ」の役割とは?

アゴラとは古代ギリシャ社会において、政治・経済・生活の中心をなした広場のことです。古代ギリシャポリス(都市国家)社会に特有にみられる公共施設で、アクロポリス(神事や軍事の中心)の麓、各都市国家の中心街にありました。市民はここで社交を楽しみ、政治哲学・学芸の議論を交わし知見を深め、商取引をし、経済活動を活発化させていたのです。古代ローマの「フォルム」に相当し、アゴラノモイ(agoranomoi)と呼...

Read More
dummy
古代ギリシャの有力都市国家BEST5

古代ギリシャを古代ギリシャたらしめる特徴としてポリス(都市国家)と呼ばれる、前10〜前8世紀頃に成立し、前5世紀に最盛期に達した特有の国家体制が挙げられるでしょう。ポリスは国防を担う「市民」による自由と自治を理想とし、神事や軍事の中心アクロポリスと、政治や文化の中心アゴラを備えていました。ポリスの数はギリシア本土では150、海外植民地も含めれば1000を超えており、ポリス同士は常にギリシアの覇権を...

Read More
dummy
古代ギリシャの生活事情とは?

古代ギリシャの人々はどのような生活を送っていたのでしょうか。「古代」と聞くとすごく原始的な生活を送っていたかのような想像をしてしまいますが、調べてみると驚くほど先進的で、現代の私たちとそこまで変わらない生活観があったことがわかります。食事ギリシャは風土的に乾燥しているため、前5世紀頃までの古代ギリシャ人の食生活はナッツ、豆、大麦粥などを主食とするなど質素でした。しかし前5世紀以降、海上交易が活発に...

Read More
dummy
古代ギリシャはどこで栄えていたの?

古代ギリシャは地中海東部、アドリア海・エーゲ海・黒海に囲まれた、バルカン半島南端地域で繁栄した古代(太古から古代ローマに占領される時代以前)の文明圏のことです。ポリス(都市国家)と呼ばれる自治独立を理想とする政治共同体が100以上も集まって形成され、ヨーロッパ文明の礎ともいえる独自の神話・哲学・学問・国家体制などが生み出されました。古代ギリシャの繁栄古代ギリシャの繁栄はエーゲ文明と呼ばれる紀元前3...

Read More
dummy
古代ギリシャにも医者はいたの?

病院も科学的な薬もワクチンも存在しなかった古代社会においては、「治療」といえば死の恐怖から逃れるための、「祈祷」や「魔除け」などといった宗教的な性格の強いものでした。しかし前5世紀以降、病を全て神や悪魔のせいにするのではなく、人間の身体を取り巻く自然・環境に起因するものという自然科学的な考え方が登場します。その旗手的な人物が「医学の祖」と呼ばれるヒポクラテスです。古代ギリシャの医者ヒポクラテスとは...

Read More
dummy
古代ギリシャの宇宙観とは?

人々は太古から夜空を眺め、「宇宙」という存在については漠然と認知し、それは何でできているのか、どこまで広がっているのか考えていました。特に古代世界において最も先進的で、市民社会が成熟していたギリシャでは、宇宙観については自由市民の間で大いに議論されていました。古代ギリシャの天文学者正確には古代ギリシャにはまだ「天文学」という学問はありませんでした。当時宇宙観について議論を交わしていたのは、天文学者...

Read More
dummy
古代ギリシャの音楽事情とは?

「music」という単語が、ギリシア神話の文芸の神「ムシケー」に由来していることからもわかる通り、西洋音楽史において古代ギリシア音楽は非常に重要な位置を占めています。古代ギリシアにおいて「音楽」とは生活の一部であり、祭祀や演劇、戦争、結婚式などに欠かせない社会維持機能を備えていました。リラ(弦楽器)、サントゥーリ(打弦楽器)などの楽器が用いられ、その演奏の模様は、彫刻や壺絵のような美術品に描かれて...

Read More
dummy
古代オリンピックにはどんな競技種目があった?

現在4年に1度開催されるオリンピックの起源は古代ギリシャで行われていたオリュンピア大祭、いわゆる古代オリンピックにあります。前8世紀から前4世紀にかけて、ゼウスの神殿のあるエーリス地方・オリンピアで当時も4年に1度開催され、ギリシア中から選手が集結し、身体能力を競いました。ここではそんな古代オリンピックで行われていた競技種目を紹介したいと思います。古代オリンピックの競技種目一覧ディアロウス競争競技...

Read More
dummy
古代オリンピックが開催場所オリュンピアとは?

近代オリンピックは古代ギリシャにおいて4年に1度行われていた古代オリンピックに起源を持ちます。この古代オリンピックは正式にははオリュンピア大祭、オリュンピア祭典競技と呼ばれ、古代ギリシアのペロポネソス半島西部に位置する都市オリンピアで開催されていました。オリンピアとはオリンピアはデルポイに並び、古代ギリシアにおける宗教上の中心地です。オリュンポス12神の最高神ゼウスの神殿があり、つまるところ古代オ...

Read More
dummy
古代ギリシャ社会で使われていた貨幣(通貨)とは?

古代ギリシャでは、商業の発展にともない、硬貨も急速に普及していきました。ポリスはそれぞれ独自の銀貨を作っていたため、両替商はギリシア社会において欠かせない職業でした。この両替商が、預かったお金を元手に貸付を始めるようになったのが銀行の起源でもあります。アイギナの銀貨ギリシャ最初の硬貨はアイギナで作られ、前6世紀頃からは南エーゲ海、ギリシャ、テッサリアなどでアイギナの銀貨スタテルによる経済圏を形成さ...

Read More
dummy
古代ギリシャ社会における「教育」事情とは?

古代ギリシャの教育は、西洋教育史の出発点であり、今日本で行なわれている『学問』という枠組みは、基本的に西洋由来のものです。ということは学問により培われる政治や経済、法律など社会の仕組みそのものも、西洋そして古代ギリシャに由来しているということになります。この事実を知っていれば、ギリシャは地理的に日本から遠くても、とても身近な存在であるということがわかると思います。古代ギリシャにおける「教育」の始ま...

Read More
dummy
古代ギリシャと古代ローマとの違いとは?

古代ローマとは、イタリア半島中部に位置した小さなポリスから、地中海世界全域を支配下にいれる大帝国にまで成長した国家の総称です。その歴史は、ローマ建国の前8世紀から、ゲルマン人により西ローマ帝国が滅ぼされる後5世紀まで続きました。それに対して古代ギリシャは、ローマのように周囲の自治体や民族を吸収し、1つの統一国家を樹立したわけではありません。古代ギリシャ世界一帯(バルカン半島やエーゲ海の島々など)に...

Read More
dummy
古代ギリシャ人は普段どんな食事をしていた?

食文化というのはその土地の気候や風土など、地域性と強く密着しています。そのため古代ギリシャの人々の食生活にフォーカスすることで、古代ギリシャの歴史や文化への理解もいっそう深めることができるでしょう。ここでは古代ギリシャの人々がふだんどのような食事をとっていたのかを解説しています。古代ギリシャ人の食事内容主食古代ギリシャの土地は山がちで農地に向かない上、気候的にも乾燥しておりお世辞にも肥沃とはいえま...

Read More
dummy
古代ギリシャ人の飲み物とは?

古代ギリシャで最も主流の飲み物といえばやはりワインでしょう。古代ギリシャにおいてワインは、ギリシャ神話の酒神ディオニュソスによりもたらされた神聖な飲み物とされ、当時の食卓には、朝昼晩必ずワインが添えられていました。主食はパンでしたが、当時のパンはそのまま食べると堅すぎる為、ワインに浸して柔らかくして食べるのが一般的でした。飲む場合でも、当時のワインはドロみが強かったことから、ストレートではなく必ず...

Read More
dummy
古代ギリシャ人はワインを水割りで飲んでいた?

古代ギリシャでは現代と同じくブドウ栽培がさかんであったので、ブドウ果汁を発酵させて製造されるワインは、朝昼晩必ず食卓に添えられるほど日常生活に浸透していました。そして古代ギリシャのワインはドロみが強かったので、ストレートではなく水割りで飲むのが一般的だったのです。ワインと水を混ぜる際には「クラテール」と呼ばれる大型の甕(かめ)が用いられ、ワインと水の混合比率としては1:3もしくは1:2程度でした。...

Read More
dummy
古代ギリシャの有名な神殿

古代ギリシャでは、神が住まう館として神殿が建設され、ギリシア人の崇敬を集めていました。神殿では人々は神に祈って幸福を願ったり、神託によって国家の重要事を決めたりし、重要な社会的機能を担っていました。ここではとくに有名な古代ギリシャの神殿を紹介したいと思います。パルテノン神殿所在地:アテネアテネのアクロポリスの丘の上に建つ、都市アテネの守護神アテナイを祀る神殿です。ペルシャ戦争後の紀元前5世紀後半(...

Read More
dummy
古代ギリシャの葬儀からみる死生観とは?

古代ギリシャでは、霊魂は死後肉体の周辺に一定期間とどまった後、エーリュシオンや冥界に旅立つと考えられていました。そのため葬儀というのは、その旅路をスムーズにするための「儀式」と位置づけられ、非常に重視されていました。また死者の腐敗した不名誉な姿を見ないために行うという面もありました。土葬か火葬か古代ギリシャでは土葬も火葬も行われましたが、火葬は費用がかかるため貧困層には敷居が高いものでした。しかし...

Read More
dummy
古代ギリシャ時代の数学の発展

古代ギリシャにおける数学はヘレニズム数学とも呼ばれ、エジプトやメソポタミア、インドなどの影響を受けながら発展していきました。しかし古代数学の中でもギリシアのものが画期的だったのは、演繹法・・・つまり定義・原理から結論を得るという論理を使ったことにあります。つまり経験的、感覚的事実=「仮説」を数学によって「証明」することを世界で初めて実践したのです。古代ギリシャ人は物事を迷信や宗教ではなく、科学的に...

Read More
dummy
古代ギリシャの政治制度とは?

古代ギリシャとは100以上の独立都市国家の集合体で、一口に古代ギリシャの政治制度といっても、その形態は都市国家の数だけありました。しかし最も典型的とされるのがアテナイ(アテネ)の政治制度で、アテナイは世界で初めて直接民主制(人民による支配)を採用した「現代民主主義の源泉」ともいえる都市国家でした。アテナイでは、アクロポリスの麓にあるアゴラとよばれる広場に集まり、政治家の演説を聞いたり、市民同士で自...

Read More
dummy
古代ギリシャのトイレ事情とは?

排泄行為は全ての生物が行う共通の生理現象であり、文明が発祥する前から、川や穴など「トイレ」に相当する場所というのは存在し、使われてきました。しかし現在私たちが日常的に使っている、便座や下水道が備えられた「水洗型トイレ」の原型ができたのは、およそ6000年前といわれています。古代ギリシアにトイレはなかった?最古のギリシア文明の1つであるミノア文明(紀元前2600年頃〜前1400年頃)の遺跡からは木製...

Read More
dummy
古代ギリシャ時代は日本では何時代?

古代ギリシャ時代といえば、通常エーゲ海地域におけるエーゲ文明発祥(前3000年頃)から、古代ローマによりギリシャが征服される前2世紀頃までの期間を指しています。ここでは古代ギリシャ文明の成立から衰退にかけての期間、日本では何が起こっていたのか見てみましょう。エーゲ文明期の日本エーゲ文明が起こった前3000年頃の日本は縄文時代(約1万年前〜紀元前10世紀頃)にあたり、縄文土器や磨製石器の利用、竪穴住...

Read More
dummy
古代ギリシャの農業事情とは?

ギリシャは地中海性気候(夏は乾燥・高温、冬は温暖湿潤)が支配的な地域なので、古今通じて、夏は乾燥に強いオリーブ・ブドウ・柑橘類といった果樹栽培を、冬は冬雨を利用した小麦栽培やヒツジやヤギなどの家畜飼育を行う地中海式農業がさかんに行われています。古代ギリシャで栽培される作物オリーブオリーブはギリシャで最も栽培がさかんな作物で、2019年現在世界第三位という生産量を誇っています。この国のオリーブ栽培の...

Read More
dummy
古代ギリシャの風呂事情とは?

風呂は都市文明の象徴的設備ともいえ、古代世界屈指の文明レベルを誇ったギリシャでは、入浴が慣習となっていました。古代の風呂といえば、『テルマエ・ロマエ』などの影響もあり、古代ローマのイメージが強いかもしれませんが、実は古代ローマの風呂文化は古代ギリシャの影響を受けて発展したものです。古代ギリシャの風呂文化古代ギリシャ最古の文明の1つ、ミノア文明の遺構からは浴槽が出土しており、同文明が栄えていた紀元前...

Read More
dummy
民主主義はなぜ古代ギリシャで生まれた?

古代ギリシャは、世界で初めて市民の多数が参加する民主制を成立させました。そのため「民主主義」というのは、古代ギリシャを文明の源泉とするヨーロッパ人を支える精神的支柱の1つになっています。無論、まだまだ人権という概念が希薄だった時代ですから、「民主制」といっても成人の男性市民にしか参政権がないなど、現代と比較すればかなりの制限付きです。しかし一人の専制君主や少数の有力貴族による支配ではなく、市民の政...

Read More
dummy
古代ギリシャ人の化粧(メイク)事情とは?

イスラエルの9万年前の遺跡から出土したネックレスから、化粧をしていたと思われる痕跡が確認されています。「美しくありたい」というのは太古の昔から変わらない人間の欲求のようです。古代世界屈指の文明レベルを誇ったギリシャにも化粧をする文化がありました。古代ギリシャの化粧の特徴古代ギリシャと関係が深い古代エジプトでは化粧が非常に重視され、美しさのアピールだけでなく、魔除けや日よけ目的で濃い化粧をすることが...

Read More
dummy
古代ギリシャ衰退の原因になった疫病とは?

古代ギリシャにおいて、トイレや下水道といった衛生設備はあまり充実しておらず、排泄物はほぼ垂れ流し状態で、居住区はかなり不衛生だったと考えられています。そのことでチフス、ペスト、天然痘(てんねんとう)などあらゆる疫病の蔓延を許したことが、古代ギリシャ衰退の遠因になったといわれています。古代ギリシャを衰退させた「アテナイのペスト」古代ギリシャ史上最大の戦争といえば、アテナイ・スパルタの2大ポリスの対立...

Read More
dummy
古代ギリシャの劇場の特徴

古代ギリシャでは演劇文化がさかんで、とりわけアテナイではディオニュソス神を敬うディオニューシア祭の一部として演劇が公的な行事として制度化されていました。劇場は自然の斜面を利用して作られたアリーナ型の円型劇場で、舞台のプロスケニオン(proskenion)、観客席テアトロン (theatron)、背後の壁「スケーネ (skene)」、コロスによる演技が行われる「オルケストラorchestra」などで...

Read More
dummy
古代ギリシャ時代の娯楽とは?

現代人にあなたにとっての娯楽は?と聞くとテレビやパソコン、スマホに漫画、ゲーム、映画、ドラマ、アニメなど挙げられるものに枚挙にいとまがないでしょう。しかし当然古代社会にそんなものはありません。では古代人は滅茶苦茶退屈していたのか?というと、そんなことはなく、少なくとも古代ギリシャには、様々な娯楽が溢れていました。古代ギリシャ時代の娯楽一覧演劇古代ギリシャの代表的な娯楽として演劇が挙げられます。演劇...

Read More
dummy
古代ギリシャにおける女性の地位

古代ギリシャ、とりわけアテナイといえば同時代の他の文明圏と比べ、政治・文化・経済あらゆる面でかなり先進的な文明レベルを誇っていたことで知られます。しかし「女性の地位」に関しては、当時の標準に照らし合わせても、決して高いとはいえませんでした。古代ギリシャの女性の権利古代ギリシャは民主制の成立により、世界で初めて市民の政治参加を実現させたことは事実ですが、あくまで参政権を持つのは成人の男性市民に限られ...

Read More
dummy
古代ギリシャにおける税金事情とは?

古代ギリシャの税制は、輸入の際にかかる関税と在留外人(メトイコイ)への人頭税が主で、市民への直接税は決して多くありませんでした。ここでは古代ギリシャで市民に課せられた直接税レイトゥルギアとエイスフォラについて紹介します。レイトゥルギアアテナイには「レイトゥルギア」と呼ばれる公共奉仕システムがあり、富裕層が私財を支出することで維持されていました。これで回収された税金は演劇の上演や体育イベントの開催な...

Read More
dummy
古代ギリシャの奴隷制度

「奴隷」とは人間としての権利が認められず、主人の所有物として無償労働に従事する人々のこと。いわゆる「奴隷制」は、人権意識が希薄な古代世界広くでみられたものですが、古代ギリシャは奴隷制に支えられていた社会の典型例といえます。市民権を持つ者ならば、中級層以下であっても平均2〜3人程度の家内奴隷を所有していました。奴隷になる理由奴隷の大半は戦争捕虜で、敗戦国の女子供も奴隷となる運命を辿りました。また借金...

Read More
dummy
古代ギリシャ時代のボクシングとは?

古代ギリシャのボクシングは、ギリシャ語で「拳」を意味するピュグメー、ピュクス、ピュグマキナなどの名で呼ばれています。その歴史は非常に古く、ミノア遺跡から出土したフレスコ画に、少年たちが拳を突き合わせている様子が描かれていることから、類似した競技・遊びは、少なくとも紀元前16世紀頃から行われていたと推察されます。さらにギリシア神話では、アポロンはボクシングの生みの親で庇護者とされ、ゼウスの子ポリュデ...

Read More
dummy
ヘレニズム時代の彫刻の特徴とは?

ヘレニズム時代とは、ギリシャ系のマケドニア王国の勢力拡大により、エジプトやオリエントにまでギリシャ文化が浸透していた時代です。アレクサンドロス大王の死(紀元前323年)から古代ローマが地中海世界を統一する(紀元前31年)まで300年間存続しました。ヘレニズム時代のギリシア文化の中心地はギリシア本土ではなく、アレクサンドリア、アンティオキア、ペルガモンなどエジプトや小アジアに移行していました。ヘレニ...

Read More
ページの先頭へ戻る