ホメロスとは何をした人?〜『イリアス』『オデュッセイア』の執筆〜


ホメロスの基本情報

 

生年:前8世紀
没年:没年不詳
出身:小アジア
死没地:イオス島
別名:「詩人」
功績:古代ギリシア最古の叙事詩『イリアス』『オデュッセイア』の執筆

 

ホメロス(前8世紀〜没年不詳)は古代ギリシャの吟遊詩人で、ヨーロッパ最古の文学作品『イリアス』『オデュッセイア』の作者として知られる人物です。前8世紀頃の人物で、ホメロスの出身地や生涯など詳しいことはよくわかっておらず、数編伝わる伝記が唯一の手がかりになっています。伝承によれば、ホメロスは小アジアに生まれ、キクラデス諸島のイオス島で没した人物で、盲目であったともいわれています。なお彼の書いた2作品は、ミケーネ時代からの伝承を記しており、ポリス時代以前のギリシャ人の生活を知る重要な手がかりにもなっています。

 

ホメロスの偉業・功績

ホメロス最大の功績は、西洋文学最古の作品『イーリアス』と『オデュッセイア』を残し、叙事詩というジャンルを確立したことと言えるでしょう。彼の残した作品は民話風物語であり、史料的な価値は薄いものの、ミケーネ文明時代のギリシア人の生活を伺いしることができるという点で貴重です。

 

また彼の二大叙事詩は古代ギリシア民族の教養・宗教・思想・文化の柱となり、ヘレニズム時代やローマ時代を経て、中世から近世にいたるまで後世に強い影響を残しました。そのためホメロスは「西洋文学の父」と称される権威を手にしているのです。