戦間期にファシズムが台頭した理由とは?

 

ファシズムとは「独裁政治」「権威主義」「思想・言論の制限」などの特徴を持つ政治体制のことで、イタリアのファシスト党やドイツのナチスが代表的です。

 

世界恐慌以後、ヨーロッパに広がった社会不安を温床に勢力を拡大し、ファシズム国家の軍事拡大・侵略行為が第二次世界大戦の原因となりました。

 

平和協調ムードを一夜にして消し去った世界恐慌

戦間期初期、1920年代半ばのヨーロッパは意外にも希望に溢れていました。戦後の混乱がようやく収束し、各国の経済も上向きに。それにともない議会制民主主義が発達し、国際協調ムードの中、平和への道を順調に突き進んでいたのです。

 

しかしそんな希望を一夜にして絶ってしまったのが、1929年「暗黒の木曜日」に端を発する世界恐慌です。ヨーロッパは不況の嵐に覆われ、持てる国は自国産業保護のためブロック経済政策をとるなど、国際協調のムードなど吹き飛んでしまいました。

 

そして持たざる国・・・とりわけドイツ経済は深刻な状態に陥り、自国の存立を掲げてマイノリティ排除や対外侵略、再軍備などを正当化するナチスが支持されるようになるのです。

 

一方、もともと不景気だったイタリアは世界恐慌の影響はそこまで大きくなかったのですが、ムッソリーニ率いるファシスト党が、革命を恐れる資本家・地主・軍部などの後援で独裁的な権力を握るようになり、恐慌前の20年代半ばにはすでに、言論・集会・結社・出版などの自由がないファシズム国家と化していたのです。