ケバブの発祥地やその歴史について

トルコ料理といえば屋台や移動販売車で売られているケバブを思いつく人が多いのではないでしょうか。

 

肉の塊が回転しながら焼ける姿は迫力がありますよね。そもそもケバブはどこの料理なのでしょうか。

 

そこでケバブの発祥地や歴史について紹介していきます。

 

 

そもそもケバブって何?

ケバブとはトルコ語で焼いた料理のことです。ペルシャ語やアッカド語の「カバブー」が語源になったとされています。

 

ドネルケバブの「ドネル」はトルコ語では「回転」という意味ですので、ドネルケバブ=「回転焼き」になります。

 

また、シシケバブの「シシ」はトルコ語で「串」を意味するのでシシケバブ=「串焼き」になります。

 

ドネルケバブの歴史

肉を焼く回転肉焼き機は、アナトリア半島の伝統的なものでした。

 

あぶり焼きにした肉を薄いピザ生地のようなピタに挟んで提供されていました。

 

1830年代にカスタモヌという町でハムディという人物がスライスした肉を積み重ねて、垂直に焼く料理を考案したのがドネルケバブの始まりと言われています。