エデッサの戦い

エデッサの戦いは、260年、現在のトルコ南東部エデッサで、ローマ帝国軍とササン朝ペルシア軍が衝突した戦争です。ローマ帝国各地で軍閥が割拠した軍人皇帝時代(235〜285年)に起こった戦争の1つで、結果はローマ帝国軍の敗北に終わっています。

 

エデッサの戦いの結果

3世紀に入り、ペルシア軍はローマ帝国領への侵攻を繰り返すようになっており、253年バルバリッソスの戦いではローマ軍を全滅に追いやった上でローマ帝国領を占領しています。これを受け260年、ローマ皇帝ウァレリアヌスは奪われた領土を奪還すべく、軍団兵約7万を率いて、ペルシア遠征を断行。しかし結果は惨敗と終わり、引き連れた7万の兵士のほとんどが戦死もしくは捕虜となってしまいました。指揮官であるウァレリアヌスもその後どのような運命をたどったのか記録は残っておらず、皮剥の刑で処刑されたとも、丁重に扱われ生涯を終えたともいわれています。

 

 
ページの先頭へ戻る