エデッサの戦い

エデッサの戦い

戦いの結果捕虜となった皇帝ウァレリアヌス

 

エデッサの戦いは、260年、現在のトルコ南東部エデッサで、ローマ帝国軍とササン朝ペルシア軍が衝突した戦争です。ローマ帝国各地で軍閥が割拠した軍人皇帝時代(235〜285年)に起こった戦争の1つで、結果はローマ帝国軍の敗北に終わっています。

 

エデッサの戦いの結果

3世紀に入り、ペルシア軍はローマ帝国領への侵攻を繰り返すようになっており、253年バルバリッソスの戦いではローマ軍を全滅に追いやった上でローマ帝国領を占領しています。これを受け260年、ローマ皇帝ウァレリアヌスは奪われた領土を奪還すべく、軍団兵約7万を率いて、ペルシア遠征を断行。しかし結果は惨敗と終わり、引き連れた7万の兵士のほとんどが戦死もしくは捕虜となってしまいました。指揮官であるウァレリアヌスもその後どのような運命をたどったのか記録は残っておらず、皮剥の刑で処刑されたとも、丁重に扱われ生涯を終えたともいわれています。

 

 

古代の戦争

ラティウム戦争ペルシア戦争サラミスの海戦,アルテミシオンの海戦)/ペロポネソス戦争アッリアの戦いカイロネイアの戦いサムニウム戦争ディアドコイ戦争イプソスの戦いポエニ戦争カンナエの戦い)/マケドニア戦争ローマ・シリア戦争ルシタニア戦争ヌマンティア戦争奴隷戦争ユグルタ戦争ノレイアの戦いキンブリ・テウトニ戦争アラウシオの戦い,アクアエ・セクスティアエの戦い,ウェルケッラエの戦い)/同盟市戦争ミトリダテス戦争ガリア戦争パルティア戦争カルラエの戦い)/ローマ内戦ナウロクス沖の海戦)/アクティウムの海戦エデッサの戦い


中世〜近世の戦争

ローマ略奪ルーシ侵攻百年戦争イタリア戦争ユグノー戦争三十年戦争フロンドの乱ネーデルラント継承戦争第二次百年戦争


近代の戦争

アメリカ独立戦争フランス革命戦争ナポレオン戦争イタリア統一戦争メキシコ出兵エチオピア戦争第一次世界大戦イースター蜂起アイルランド独立戦争アイルランド内戦ロシア内戦シベリア出兵スペイン内戦第二次世界大戦ホロコースト北アイルランド紛争ユーゴスラビア紛争