ローマ内戦

ローマ内戦

ルビコン川に佇むカエサル。この川を越えた瞬間ローマ内戦の火蓋は切って落とされた。

 

ローマ内戦とは、前49年から前45年に、グエナウス・ポンペイウスガイウス・ユリウス・カエサルの対立から発展した一連の内戦のことです。停滞した元老院支配が続くローマに対し、カエサルが起こした反逆戦争ともいえ、最終的には、カエサルが元老院派のポンペイウスを打倒し、独裁体制を完成させる形で終結しました。

 

 

ローマ内戦の背景

当時のカエサルは、ローマが長年成し遂げられずにいた「ガリア平定」という大仕事を成し遂げたことで、その名声・権威、政治的影響力を最高潮にしていました。一方元老院は、カエサルに権力が集中し、共和政に終止符が打たれることを恐れ、カエサルに劣らぬ戦功を持つポンペイウスを担ぎ上げ、カエサルを失脚させようとしていました。

 

ローマ内戦の開始

前49年、元老院はガリアから帰還するカエサルに「元老院最終勧告」と呼ばれるいわゆる最後通牒を発令。ローマの法律では、反乱防止のため将軍が軍隊を率いてイタリア領内に踏み入ることを禁じていました。しかしカエサルは勧告に構わず自分の軍隊を率いてイタリア領の境界線ルビコン川を渡り、元老院派に対する対決姿勢を明確に、内戦の火蓋を切って落としたのです。この際にカエサルが部下に向けていった「alea iacta est(賽は投げられた)」という言葉はあまりに有名です。

 

ローマ内戦の結果

ローマ内戦は最終的にカエサル派の勝利と終わりました。元老院派を打倒したことで独裁的権力を手にしたカエサルは、本格的に共和政の改革に乗り出しますが、内戦終結の翌年、共和政の崩壊を危惧した元老院派により暗殺されることとなるのです。そしてカエサル暗殺後、ローマは再び元老院派とカエサル派の内乱に突入していき、カエサルのやろうとした改革は内乱を収めたカエサルの後継者オクタウィアヌス(アウグストゥス)に引き継がれ、ローマは帝政に移行していくこととなります。

 

ローマ内戦の年表

  • 前49年6〜9月 イレルダの戦い
  • 前49年5〜10月 マッシリア包囲戦
  • 前49年8月 バグラダス川の戦い
  • 前48年7月 デュッラキウムの戦い
  • 前48年8月 ファルサルスの戦い
  • 前47年2月 ナイルの戦い
  • 前47年8月 ゼラの戦い
  • 前46年4月 タプススの戦い
  • 前45年3月 ムンダの戦い

 

 

古代の戦争

ラティウム戦争ペルシア戦争サラミスの海戦,アルテミシオンの海戦)/ペロポネソス戦争アッリアの戦いカイロネイアの戦いサムニウム戦争ディアドコイ戦争イプソスの戦いポエニ戦争カンナエの戦い)/マケドニア戦争ローマ・シリア戦争ルシタニア戦争ヌマンティア戦争奴隷戦争ユグルタ戦争ノレイアの戦いキンブリ・テウトニ戦争アラウシオの戦い,アクアエ・セクスティアエの戦い,ウェルケッラエの戦い)/同盟市戦争ミトリダテス戦争ガリア戦争パルティア戦争カルラエの戦い)/ローマ内戦ナウロクス沖の海戦)/アクティウムの海戦エデッサの戦い


中世〜近世の戦争

ローマ略奪ルーシ侵攻百年戦争イタリア戦争ユグノー戦争三十年戦争フロンドの乱ネーデルラント継承戦争第二次百年戦争


近代の戦争

アメリカ独立戦争フランス革命戦争ナポレオン戦争イタリア統一戦争メキシコ出兵エチオピア戦争第一次世界大戦イースター蜂起アイルランド独立戦争アイルランド内戦ロシア内戦シベリア出兵スペイン内戦第二次世界大戦ホロコースト北アイルランド紛争ユーゴスラビア紛争