オランダの産業の特徴

オランダの国旗

 

オランダの国土

 

オランダは西ヨーロッパの北海沿岸・東をドイツ、南をベルギーに囲まれた地域に位置する立憲君主制国家です。この国ではとくに製造業が発達しており、中でも食品・家庭用品・電子機器などの生産がさかんです。また豊富な天然ガスを背景にしたエネルギー・資源産業もこの国の基幹産業となっています。

 

このページの内容

 

オランダの主要産業

鉱業

オランダは世界9位の天然ガスの産出および輸出国です。その生産量はなんとEU域内の3割にもおよび、埋蔵量は世界の約1%を占めています。産出した天然ガスの3分の2は国内で消費し、残りは輸出しています。

 

工業

半導体、電器、半導体、家庭用品、化学、造船などの製造業がさかんです。また1960年代に入り天然ガス田が発見され、「フローニンゲン・ガス田」にて生産が開始されて以来、フローニンゲンはオランダ工業の一大拠点となりました。

 

農業

工業化を遂げた今でも、オランダにおいて農業は重要な位置を占めており、農産物の輸出規模はアメリカに次ぐ世界第2位です。とりわけ花・観葉植物、球根、温室栽培の野菜・果物、チーズなどの生産がさかんです。