ニコライ1世とは何をした人?〜ヨーロッパの憲兵〜

 

ニコライ1世の基本情報

 

本名:ニコライ・パヴロヴィチ
誕生:1796年ツァールスコエ・セローにて
死没:1855年サンクトペテルブルクにて
王朝:ホルシュタイン=ゴットルプ=ロマノフ朝
在位:1825年 - 1855年
政策:「デカブリストの乱」鎮圧/皇帝官房第三課(通称「第3課」 )創設/反体制勢力の弾圧

 

ニコライ1世(1796年 - 1855年)はロマノフ朝第11台ロシア皇帝で、失政の末に暗殺されたパーゼル1世の三男です。アレクサンドル1世の崩御にともない1825年即位しました。
彼の治世の特徴は「正教,専制,民族性」の三位一体をスローガンとした、ツァーリズムの強化があげられます。「デカブリストの乱」を鎮圧し首謀者を処刑、ポーランドやハンガリーの民主化運動を厳しく抑圧。徹底的な反革命・自由主義弾圧姿勢を貫き、ウィーン体制下における「ヨーロッパの憲兵」として恐れられました。とりわけ即位の翌年に創設した秘密警察「皇帝官房第三課(通称「第3課」 )」は思想統制において猛威を振るい、あらゆる反体制組織が弾圧、文学者や思想家も厳しい検閲に晒され、流刑にされたのです。
また領土拡大にも野心的で、中央アジアに出兵しロシアの勢力圏に組み入れ、南下政策の一環としてクリミア戦争も引き起こしています。クリミア戦争中、西欧列強の介入により敗北濃厚の報せを受けたのちに死亡。