ディオドロスとは何をした人?〜古代世界史を記録した『歴史叢書』の執筆〜


ディオドロスの基本情報

 

生誕:前90年頃シチリアのアグリウム
死没:前21年頃
民族:ギリシア人
主著:『歴史叢書』

 

ディオドロス(前90年頃 - 前21年頃)は古代ローマ共和政末期の歴史家で、古代世界史を記録した『歴史叢書』全40巻の著者として有名です。カエサルやキケロと同世代のギリシア人です。
シチリアのアグリウムに生まれ、ストア哲学の影響を受けて育ちました。そしてヨーロッパ・小アジア各地を歴訪し、30年かけて、オリエント世界(エジプト、メソポタミア)からカエサルのガリア征服にいたる歴史書全40巻を書き上げたのです。1巻から5巻、第11巻から20巻までが完全な形で、他は断片として現存しています。
ディオドロスの歴史書は、大部分が先人の著した史料を繋ぎ合わせたもので、独創性には乏しいのですが、史実を忠実に記録しているため史料価値は高く評価されています。