ノルウェーの有名な野生動物一覧

ノルウェーに生息する野生の動物や植物に関する情報をまとめています。この国の生物多様性は国土の4分の1を占める森林の中にみられます。

 

 

ノルウェーの有名な動植物

ムナジロカワガラス(国鳥)

ノルウェーの国鳥は切手のデザインなどにもなっている、カワガラスのムナジロカワガラスです。その名の通り喉から胸のあたりの白い羽毛、丸みを帯びた体つきが特徴的。川の上流から下流の岩石の多い沢に生息し、水に15秒以上も潜って昆虫の幼虫などを捕まえることができるなど泳ぎが得意です。

 

ホッキョクグマ

ホッキョクグマもノルウェーを代表する動物の1つです。ノルウェーのスヴァーバル諸島には多くのホッキョクグマが生息しており、重要な観光資源として保護の対象になっています。

 

ヒース(国花)

「ヒースHeath」とは英語で「荒地」とか「荒野」という意味で、この花が自生している場所にちなんで名付けられました。氷点下マイナス10度を超えるような環境でも、美しく・力強く咲き誇る丈夫さが売りで、寒さの厳しい環境に置かれるノルウェーの人々が、そんな生命力溢れる花に親しみを抱くのは納得な気がしますね。

 

ノルウェーに生息する動植物一覧

動物

  • ムネジロカワガラス(国鳥)
  • ホッキョクグマ
  • オオカミ

 

植物

  • ヒース(国花)
  • モミ
  • マツ