ハンガリー料理でパプリカを多用する理由とは?

日本人にとって馴染みのないハンガリー料理ですが、その料理には必ずと言っていいほどパプリカが使われており、真っ赤な見た目をした料理が多いです。

 

なぜこれほどまでにパプリカはハンガリー料理に使われるのでしょうか。ご紹介していきたいと思います。

 

 

ハンガリーで誕生した野菜、パプリカ

パプリカは日本人にとっても非常に馴染みのある野菜ですが、この野菜はハンガリーで生まれであり、「パプリカ」という名前も実はハンガリー語です。

 

オスマン帝国時代に他国から流入した唐辛子を、ハンガリーの人々は長い歳月をかけて改良し、辛味の全くない唐辛子、パプリカが生まれました。

 

現在はなんと150種類以上のパプリカがあり、ハンガリーの人々にとっては、文字通り国民的な食料と言えるでしょう。

 

栄養的な側面

ハンガリーは、周囲を7つもの国に囲まれた内陸国であり、海がありません。そのため肉文化が中心で、加えてサラダ等を摂取することもないと言います。

 

ハンガリーの人々の栄養状態が心配になってしまいますが、その心配はありません。

 

私たちも日常的によく聞く栄養素、「ビタミンC」。

 

実はこのビタミンCは、アルベルト・セント=ジェルジというハンガリー出身の生理学者がパプリカの果肉の中から初めて発見、抽出することに成功し、その功績により1937年にノーベル賞も受賞したのです。

 

このビタミンたっぷりのパプリカは、ハンガリーの人々を栄養的な側面からも支えていると言えるのではないでしょうか。