トスカーナ州

トスカーナ州(伊:Toscana)は、イタリア中部に位置する州です。ルネサンスの中心として繁栄した州都フィレンツェをはじめ、「斜塔」で有名なピサ、中世の景観がそのまま残るシエナなど、歴史ある古都をいくつも包括するイタリア観光のメッカでもあります。

 

歴史

ローマ征服以前はエトルリア人の居住地域であり、「トスカーナ」という地名は「エトルリア人(Tusci)の土地」という意味です。西ローマ帝国滅亡後は、東ゴート王国東ローマ帝国(ビザンティン帝国)、ランゴバルド王国の支配を経て、神聖ローマ帝国・トスカーナ辺境伯の支配下におさまりました。

 

トスカーナ大公国

ルネサンス期(13世紀〜)に入るとフィレンツェを中心にこの地方は大いに栄え、メディチ家の支援のもと、レオナルド・ダ・ビンチ、ミケランジェロ、ラファエロなど、数々の偉大な芸術家が誕生しています。繁栄の頂点に達したフィレンツェは、拡大政策により周辺都市を服属させていき、16世紀にはトスカーナ地方全域を支配下に置トスカーナ大公国を成立させました。同国によるトスカーナ支配は19世紀後半イタリア王国に併合されるまで続いています。

 

 
ページの先頭へ戻る