ハゲネとは何をした人?〜ブルグント国の伝説上の戦士〜

ハゲネに話しかけるドワーフのアルベリッヒ/アーサー・ラッカム画

 

ハゲネの基本情報

 

別称:ハーゲン
職業:戦士
伝承地:ブルグント国
成立時期:12世紀
登場作品:『ニーベルンゲンの歌』

 

ハゲネはブルグント国の伝説上の戦士で、とりわけ『ニーベルンゲンの歌』の中の主要人物「トロニエのハゲネ」として知られ、ハゲネはイースラントの女王ブリュンヒルトの寵臣で、王家の不名誉を晴らすためなら残忍で暴力的な手段も辞さない人物として描かれています。そして最後はネーデルラント王子ジークフリートの妻クリームヒルトに斬殺されるのです。