スペインの有名な山一覧

スペインはピレネー山脈やシエラ・ネバダ山脈の山岳地帯が大部分を占める山岳国です。ピレネー山脈は国境としても機能しており、スペインは今でこそまぎれもないヨーロッパの一地域ですが、かつては「ピレネー山脈の向こう側はアフリカ」といわれ、ヨーロッパ文化圏の外と認識されていました。

 

シエラネバダ山脈とシエラ・モレナ山脈は、世界屈指に鉱物資源が豊富な鉱山となっていますが、枯渇もそう遠くないといわれています。

 

 

スペインの山脈

北部

  • ピレネー山脈
  • カンタブリア山脈

 

南部

  • シエラ・モレナ山脈
  • シエラ・ネバダ山脈

 

テイデ山

標高:3,718m
位置:スペイン領カナリア諸島テネリフェ島
初登頂:1582年
解説:スペインおよび大西洋領域内で最高峰の山。世界第三位の火山島としても知られる。周辺は「テイデ国立公園」という世界遺産にも登録される国立公園となっており、様々な固有の植物種が確認されている。

 

ムラセン山

標高:3,478m
位置:アンダルシア州グラナダ県
山系:ベティコ山系シエラネバダ山脈
解説:スペイン本土では最高峰の山。山名はナスル朝グラナダ王国のアブルハサン・アリーに由来。登山難度はそこまで高くないが、北部は急斜面により、とりわけ冬には注意が必要。

 

アネト山

標高:3,404 m
位置:アラゴン州ウエスカ県
山系:ピレネー山脈
初登頂:1842年
解説:スペインで3番目に高い山で、ピレネー山脈中では最高峰。北斜面の氷河はピレネー最大規模。