メンデルとは何をした人?〜「メンデルの法則」の発見〜

 

メンデルの基本情報

 

本名:グレゴール・ヨハン・メンデル
別名:「近代遺伝学の創始者」
誕生:1822年チェコ
死没:1884年チェコ
功績:「メンデルの法則」の発見

 

メンデル(1822年 - 1884年)はオーストリアの生物学者で、「メンデルの法則」の発見者として有名な人物です。「分離の法則」「優劣の法則」「独立の法則」などの遺伝法則を発見したことから「近代遺伝学の創始者」ともいわれています。モラビア地方の貧しい農家出身で、短期大学卒業後、当時科学の中心であった聖トマス修道院に入り、植物学の知識を深めていきました。そして修道院の庭の一角でエンドウの遺伝研究を開始し、1865年、遺伝現象や遺伝条件をまとめた研究結果を「植物の雑種に関する実験」と題し発表しました。当時は重要視されませんでしたが、発表から30年以上経った1900年に再発見され、複数の植物学者により公表され注目を浴びるようになったのです。