三部会と国民議会の違いとは?

フランス革命の説明の中で、「三部会が国民議会へと変わった」とありますが、三部会と国民議会の違いは何なのですか?

三部会とは中世に成立した、聖職者・貴族・平民の3身分の議員で構成される身分制議会です。フィリップ4世がローマ教皇と対立した際、世論を味方につけるために設置したもので、絶対王政が確立されれた後は用なしとなりました。

 

しかしブルボン王政下の1789年、不況で国民の不満が高まり王権に対する信頼が激しく揺らいでいたため、再び三部会を招集せざるを得なくなるのです。

 

ただ中世に設置された議会ですから、議決方法が第一身分、第二身分に激しく有利なものになっていました。そこで怒った第三身分が分離して、独自に結成したのが、フランス革命を主導することとなる「国民議会」なのです。

 

この国民議会にはすぐ第一身分、第二身分も合流したので、第三身分だけ、というより三部会そのものが国民議会に変貌したともいえます。