ノルウェー名物トナカイ料理とは?

国土のほとんどが山脈のノルウェーでは、牛や豚などの畜産が盛んではないためジビエ料理がよく食べられます。

 

その中でも人間に飼いならされ家畜化されたトナカイは手に入りやすく、トナカイ料理はノルウェー料理の名物といっていいほどメジャーな料理です。

 

トナカイと聞くとサンタクロースのそりを引くイメージが強いかもしれませんが、ノルウェーを始めとした北欧諸国では一般的な家庭料理として食べられています。

 

 

トナカイの料理法は?

トナカイはシチューやグリル、ステーキなどと幅広く調理されます。

 

トナカイの肉は臭みが少ないながら、ジビエ特有の臭みがあるため、ノルウェーの特産品でもあるコケモモのジャムを添えるのが定番の付け合わせとなっています。

 

トナカイの肉の味は?

トナカイの肉は赤みが多く、北国を生きる人々の重要なたんぱく源となっています。

 

味は鹿肉に近く、淡泊であると言われています。

 

古くからトナカイと生活を共にしてきたノルウェーの人々にとって、トナカイとは貴重な食糧源というだけではなく、そりを引かせたり、毛皮にも使われる、日常に欠かせない存在でした。

 

実は日本でも食べられる!

実は日本でも北海道では昔からアイヌの人々が飼育しており、トナカイという言葉もアイヌ語からきているそうです。

 

現在も北海道で飼育されているトナカイは、流通は少ないながらも食肉として卸されています。

 

都内でもトナカイ料理が食べられるお店がありますので、興味のある方はその味を体験してみてはいかがでしょうか?