1848年革命で崩壊した「ウィーン体制」とは?

1848年革命で崩壊したという「ウィーン体制」とはどのような体制だったのですか?

ウィーン体制とは、ナポレオン戦争後、戦前の国際秩序に戻すべく創出された保守的・復古的な国際秩序のことです。ナポレオンの失脚後に開催されたウィーン会議(1814〜1815年)にてその枠組みが作られました。

 

この体制下では、神聖同盟と四国同盟が中心となり、フランス革命以降、ヨーロッパ各地で高まりをみせた民族主義・自由主義を徹底的に弾圧されていました。

 

しかしラテンアメリカ諸国やギリシアの独立、七月革命で体制に揺らぎが生じ、自由主義改革に踏み切ったイギリスの離反もあり、後々抑えつけていたものが“噴出”する下地は刻一刻と整っていったのでした。