ヨーロッパの冬の特徴|北欧でも温かい理由は?

ヨーロッパといっても広大な大州なので、地域によって気温や湿度に差があります。ヨーロッパ各地域の冬の気候的特徴を表にしてまとめました。

 

ヨーロッパ地域別冬の気候

地域 冬の気候

東ヨーロッパ

支配的な気候:大陸性気候
気温の年較差が大きい地域で、夏の暑さと対照的に0℃を下回る厳しい寒さが続きます。

西ヨーロッパ

支配的な気候:西岸海洋性気候
温暖な偏西風と暖流の影響で年間通して温和です。北部の冬でも10℃前後と温暖で過ごしやすいです。東欧に近い地域では、0℃を下回る日も多いです。

南ヨーロッパ

支配的な気候:地中海性気候が支配的
ヨーロッパで最も温和な地域です。冬季平均気温は-3℃〜18℃で、地中海沿岸部ほど温暖になります。

北ヨーロッパ

支配的な気候:亜寒帯気候、ツンドラ気候
ヨーロッパで最も寒冷な地域で、0℃を下回る厳しい寒さが続きます。ただし大陸に吹き付ける偏西風の影響で、同緯度の他の地域と比べたら温暖です。

 

北欧の冬が暖かい理由

ヨーロッパ大陸に西方に広がる大西洋には、暖流の北大西洋海流が流れています。この海流により温められた空気が、偏西風によりヨーロッパに運ばれてくるため、北西ヨーロッパは全体的に温和で、最も寒冷な北欧でも他の同緯度地域ほど寒くはならないのです。

トップへ戻る