大航海時代

イスラム勢力のご機嫌をうかがいながら、アジアの貴重な産物をやっと入手していたヨーロッパ人たちは、いまや有効な大砲を装備した帆船さえあれば、アジアの海でいくらでも欲望を達成することができるようになった。ローマ時代からの長年の宿望がかなえられたわけである。

 

増田義郎 著『大航海時代』p100より引用

 

大航海時代とは、15世紀末から17世紀半ばにかけて、ヨーロッパ諸国による「地理上の発見」が展開された時代のことです。コロンブスによるアメリカ大陸の「発見」(1492年)、バスコ・ダ・ガマによる喜望峰経由のインド−ヨーロッパ航路の発見(1498年)が皮切りとなりました。

 

アメリカ・アフリカ・アジアなど未開の領域との交易路が開かれたことで、ヨーロッパにはこれまでと比較にならない富や資源が流入するようになり、ヨーロッパの市場が地球規模に拡大する、いわゆる「世界の一体化」が促進された時代でもあるのです。

 

 

大航海時代の始まり

ルネサンスによる知識の蓄積・科学的発展で長距離航海が可能になっていた、というのもありますが、もう一つ重要な背景の一つにオスマン帝国の東地中海世界台頭があります。

 

ヨーロッパは十字軍の東方遠征以降、アジア方面との交易で商工業が活況を呈していましたが、この新興国が東方への道を塞いでしまったため、低迷してしまいます。大西洋航路の開拓というのは、その損失を補う血路として開始された面もあるのです。

 

しかし新大陸アメリカには、ヨーロッパにない富や資源がふんだんに眠っていることがわかったので、この選択は結果的に功を奏したわけです。当時のヨーロッパ諸国は主権国家体制への移行が始まり、軍隊や官僚の維持など何かと嵩む出費に対し、新大陸の富は大きな支えになりました。

 

大航海時代の主役

大航海時代の先駆者となったのはイベリア半島におけるレコンキスタを完了させたポルトガル・スペインでした。両国は海外領土獲得競争で白熱したすえ、トルデシリャス条約(1494年)で大西洋を東西に分割し、東方(アフリカ・インド・アジアなど) をポルトガルが、西方(中米・カリブ 海・南米など)をスペインが支配するようになりました。

 

今でこそそこまで目立つ存在ではありませんが、16世紀でヨーロッパ最強の国といえば、この二国だったのです。とりわけスペインは1580年にはポルトガルを併合し、ラテンアメリカに加えアジアの植民地まで一手に収めることで「太陽の没することのない帝国」を築き上げています。

 

主役の交代

16世紀末からはイギリス、オランダ、フランスなども海外進出に力を入れ始め、ポルトガル・スペインの利権を脅かすようになります。17世紀になると絶対君主を打倒し立憲王政を確立したイギリスが頭一つ抜けるようになり、七年戦争後フランスとの植民地抗争に打ち勝ったことで、世界の植民地覇権を確立しました。

 

 

大航海時代の影響

世界の一体化

大航海時代が始まったことで、ヨーロッパの通商圏が地球規模に拡大していき、「世界の一体化」が促されました。日本含め世界各地の人々がヨーロッパの文明に触れ、政治・経済構造に変化が起こるなど、ヨーロッパ人の世界進出は世界史上に大きな転換をもたらす結果になりました。

 

日本にはヨーロッパの鉄砲が伝来し、戦争のあり方が大きく変わりました。また海の向こう側から人が来たことで「地球が球形である」ことを知り、アフリカやヨーロッパ、アメリカという別世界があることも知ります。ヨーロッパ人の世界進出は日本人の科学的知見を大きく進歩させたのです。

 

「他者」との遭遇

大航海時代はヨーロッパ人が「他者」と遭遇した時代で、アジアや南北アメリカなど未知の領域の状況がヨーロッパに住む人々にも知られるようになりました。庶民層までが世界中の物・情報に触れられるようになり、マゼランの世界周航で地球球体説が実証されるなど人々の「常識」「概念」を次々と打ち壊していった時代でもあるのです。この人々の意識変革はのちの科学革命産業革命には欠かせない要素になります。

 

キリスト教の拡大

ヨーロッパ人の植民や征服とともに布教も同時に行われ、それまでヨーロッパ領域にとどまっていたキリスト教圏が世界規模に拡大していきました。

 

東西格差の発生

大航海時代の開幕にともない、経済的に繁栄した西ヨーロッパに対して、東ヨーロッパはオスマン帝国の台頭により政治的混乱が続き、経済的に立ち遅れてしまいました。西ヨーロッパが商工業主体に移行していく中でも、東ヨーロッパは農業依存の状態が続き、経済格差に拍車をかけました。

 

奴隷貿易

新大陸での金銀採掘には膨大な労働力が必要でしたが、当初使役していた先住民は酷使しすぎて人口が激減してしまいました。そこでヨーロッパ列強は、アフリカで捕らえた黒人を新大陸へと送り出す奴隷貿易を開始するのです。

 

ヨーロッパ・アフリカ・新大陸を結ぶ三角貿易が成立し、これにより西欧にもたらされた経済的・文化的発展が、18世紀以降の産業革命の推進力になります。

 

 

大航海時代に関する記事一覧

dummy
大航海時代はいつからいつまで?

大航海時代は、15世紀から17世紀半ばまで続いたヨーロッパ人による世界進出のことです。ヨーロッパ人により、アフリカ、アジア、アメリカ大陸など世界中への航海が行われました。大航海時代を通じて、ヨーロッパは多くの富や植民地を獲得し、その後の近代化を押し進める要因にもなりました。ここでは、大航海時代がいつからいつまで行われていたかに関して解説します。大航海時代はいつ始まったのか大航海時代は15世紀から始...

Read More
dummy
大航海時代開幕による「世界の一体化」とは?

大航海時代とは、15世紀から17世紀にかけて、ポルトガルやスペインなどを中心にヨーロッパの冒険家たちが海を渡り、アメリカやアフリカ大陸に上陸していった時代のことです。この時期に、それまで交流のなかった大陸との交流が生まれ、西洋を主体とした世界の一体化が起きました。ヨーロッパ諸国から見た大航海時代ヨーロッパ諸国は、アメリカやアフリカ大陸を発見すると、こぞってその地域を植民地として支配下に置こうとしま...

Read More
dummy
大航海時代がアジアにおよぼした影響とは?

ヨーロッパとアジアの交易自体は大航海時代以前から東地中海と「シルクロード」を通して行われていました(レヴァント貿易)。しかし15世紀に入り東欧にオスマン帝国が台頭し、コンスタンティノープルが陥落。ヨーロッパとアジアを結ぶ交易路が阻まれてしまいます。インド航路の発見と香辛料貿易の拡大しかしヨーロッパ人は血路として大西洋への進出を開始し、その結果、バルトロメウ・ディアスによる喜望峰発見(1488年)、...

Read More
dummy
大航海時代におけるアメリカ大陸発見の影響とは?

1492年のコロンブスによるアメリカ大陸(新大陸)の発見は、ヨーロッパにもアメリカにも様々な影響を与えました。ここでは主な影響をいくつか紹介しています。価格革命アメリカ大陸には銀山があったことから、アメリカ大陸で採掘された安価な銀が大量にヨーロッパに流入しました。このことで物価が急激に上昇し、「価格革命」と呼ばれる経済秩序の革新が起こっています。コロンブス交換ヨーロッパ主導の世界の一体化(地球規模...

Read More
dummy
大航海時代におけるイギリスの台頭

15世紀半ばから始まる大航海時代の先駆けとなったのはポルトガル・スペインであり、当時のヨーロッパでイギリスはあまり目立つ存在ではありませんでした。しかしヘンリー8世(在位1509〜1547)の時代に少し遅れて絶対王政を確立し、航海・探検の支援をする準備が整います。そして1580年、イギリス軍人フランシス・ドレークが南アメリカのホーン岬やドレーク海峡を発見するという偉業を達成。さらには海賊のポルトガ...

Read More
dummy
大航海時代におけるオランダの台頭

16世紀、オランダはスペインからの独立を果たしたと同時に、海外進出に乗り出し、北アメリカ西海岸や大西洋の島々などを発見しています。さらに1602年には香辛料貿易を目的としたオランダ東インド会社を設立し、1609年、同社に雇われたヘンリー・ハドソンが、現ニューヨークのハドソン川に到達しています。オランダ黄金時代波にのったオランダはアフリカやインド洋への進出で、独自の交易拠点や植民地を建設。ポルトガル...

Read More
dummy
大航海時代がヨーロッパにおよぼした影響とは?

大航海時代に入り、 ポルトガル・スペインを筆頭に、ヨーロッパ諸国は我先にと新世界やアジアの富を目指して海外進出を開始。ヨーロッパの通商圏が地球規模に拡大する「地球の一体化」と呼ばれる現象が起こりました。それまで未知とされたアジアや南北アメリカの状況がヨーロッパの人々にも知られるようになり、ヨーロッパ領域に留まっていたキリスト教の布教活動も世界規模に拡大しました。そして世界中のあらゆる物や情報がヨー...

Read More
dummy
大航海時代がアフリカにおよぼした影響とは?

15世紀初頭、ポルトガル王により、北西アフリカにおける海上交通・軍事上の要衝セウタが攻略されました。これを皮切りにポルトガル人はアフリカ西海岸の南進を進め、1487年、バルトロメウ・ディアスがアフリカ最南端の喜望峰を発見。続いてバスコ・ダ・ガマが喜望峰を回航してインド航路を発見し、大航海時代が本格的に動き出すことになります。奴隷貿易の開始15世紀末、クリストファー・コロンブスによりアメリカ大陸が「...

Read More
dummy
大航海時代がインドにおよぼした影響とは?

大航海時代の幕開けはインド史に重大な影響をおよぼしています。大航海時代に入り、ヨーロッパ列強がこぞってインドの支配圏をめぐり争い、その中でインドの経済や政治状況に大きな変化をもたらしたからです。ヨーロッパ人のインド進出1498年5月20日、ポルトガルのバスコ・ダ・ガマがアフリカ南端の喜望峰を回航し、インド西岸のカリカットに到達。いわゆる「インド航路」を発見し、ポルトガルはインドの西海岸ゴアに拠点を...

Read More
dummy
大航海時代がラテンアメリカにおよぼした影響とは?

ラテンアメリカは、アメリカ大陸南部地域の総称で、かつてはインディアスと呼ばれていました。ヨーロッパ人の進出前(先コロンブス時代)、メソアメリカ文明・アステカ文明・インカ文明など高度な神殿文化を持つインディオ文明が存在していたことからです。スペイン・ポルトガルによる支配1492年、スペイン王室の援助を得たコロンブスがこの地を「発見」。1521年にはコルテスがアステカを、1532年にはピサロがインカ帝...

Read More
dummy
大航海時代に活躍した有名海賊とは?

「大航海時代」は「大海賊時代」であったともいえます。なぜなら大航海時代というのは、ヨーロッパ列強の海外進出にともない、植民地や交易をめぐる熾烈な競争が繰り広げられた時代であり、ライバル国の貿易船から積み荷を強奪する「私掠船=雇われ海賊」が大活躍したためです。ここではそんな大海賊時代に、三大洋(大西洋・インド洋・太平洋)やカリブ海を舞台に大暴れした有名海賊を紹介しています。大航海時代の海賊一覧フラン...

Read More
dummy
大航海時代に猛威を振るった壊血病とその対策とは?

15世紀後半から17世紀にいたる大航海時代。海賊以上に「不治の病」として船乗り達に恐れられたのが壊血病という病気です。古傷が開く歯茎から出血全身に血豆ができる骨折を起こしやすくなるなどの症状がみられ、かかった者は急速に衰弱し、適切な治療を施さねばやがて死に至ります。脚家やペラグラといった他の病気を併発することもあり、その犠牲者数は南北戦争の三倍にもおよんだといわれます。壊血病の原因原因は果物や野菜...

Read More
dummy
大航海時代のキリスト教布教はなぜ?

キリスト教は、アルファベット・古代ギリシア・ローマ文化・ゲルマン文化などに並び、ヨーロッパ世界を支える重要な柱の1つになっています。古代ローマ帝国時代に誕生し、中世以降布教が本格化したキリスト教は、ヨーロッパを宗教的な面で統一に向かわせた点で非常に重要です。大航海時代の開始とキリスト教の布教大航海時代開幕の前提となったのが、大西洋への玄関口・イベリア半島におけるキリスト教徒のレコンキスタ(国土回復...

Read More
dummy
大航海時代開幕を象徴する「喜望峰の発見」とは?

喜望峰は現南アフリカ共和国の首都ケープタウンから約50qに位置する岬です。美しい景観の自然保護区で、観光名所にもなっていますが、何よりこの地を有名にしているのは、その歴史にあるといえます。喜望峰の歴史1488年バルトロメウ・ディアスがヨーロッパ人として初めて喜望峰に到達し、続き1497年バスコ・ダ・ガマが喜望峰回りの「ヨーロッパ〜インド航路」を発見。これによりヨーロッパ人の香辛料貿易のルート※が大...

Read More
dummy
大航海時代以降開始された三角貿易とは?

三角貿易は、大航海時代以降、大西洋を挟んで行われたヨーロッパ・アフリカ・アメリカの三点を経由する貿易のことです。この三角貿易によりヨーロッパ列強には莫大な富がもたらされた反面、富を貪り取られたアフリカ社会は大きな打撃を受けることになりました。三角貿易が始められた理由大航海時代が開始されると、ヨーロッパ人はアメリカ大陸に進出し、鉱山や大農園での労働力に先住民を使役するようになりました。しかし過酷な労...

Read More
dummy
大航海時代の船乗りの食事は?肉は食べれた?

大航海時代、大西洋・太平洋・インド洋など大洋を横断する航海において、船乗りたちは2〜3か月もの洋上生活を強いられます。つまり新鮮な肉や野菜などは食べられず、主食は保存が効く豆類・ビスケット(乾パン)・塩漬けの肉や魚・乾燥ニンニク・水割りのラム酒などでした。牛や豚、鶏やガチョウといった生きた家畜を積み込むこともありましたが、積み込める量には限界があるので基本は保存食でした。船首に煮焚き可能な釜戸(か...

Read More
dummy
大航海時代に発見された「新大陸」とは?

大航海時代、大西洋への進出を開始したヨーロッパ人により「発見」された土地、それが新大陸です。狭義にはアメリカ大陸のみを指しますが、広義にはオーストラリア大陸も含め新大陸として扱われます。また新大陸に対して、ユーラシアやアフリカの土地は旧大陸と呼びます新大陸の発見者クリストファー・コロンブススペインの後援を受けたイタリア/ジェノバ出身のクリストファー・コロンブスが新大陸最初の「発見」者とされています...

Read More
dummy
大航海時代のスペイン植民地とは?

大航海時代の先駆者スペイン王国による植民地建設は1492年より開始されました。これはレコンキスタ(再征服)によりイベリア半島からイスラム勢力を一掃し、太平洋横断によりコロンブスがアメリカ大陸に到達した年です。以来スペインはアメリカ植民地から富を搾取することで、国力を伸ばしていき、16世紀末にはポルトガルを併合。同国がアジアにもっていた植民地まで勢力圏に組み込み、「太陽の沈まぬ国」と称される広大な世...

Read More
dummy
大航海時代のポルトガル植民地とは?

大航海時代の開幕を象徴する「喜望峰の発見」それに続く「インド航路の発見」という偉業を成し遂げたのは、12世紀にレコンキスタを達成し、他のヨーロッパ諸国より一足早く絶対王政を確立したポルトガル王国でした。インド航路の発見以降、ポルトガルはアフリカやアジア各地に植民地を建設し、貿易により莫大な富を得たのです。ポルトガル海上帝国大航海時代の先陣を切ったポルトガルは、トルデシリャス条約(1494年)でスペ...

Read More
dummy
大航海時代フィリピンが植民地化された理由とは?

フィリピンはアジア大陸南東海上に位置し、太平洋〜南シナ海間のフィリピン群島を国土とする共和国です。マレー系住民が大部分を占めており、公用語としてフィリピン語と英語を話します。大航海時代とともに始まったフィリピン植民地化フィリピンの歴史は、大航海時代の始まりに大きく影響を受けています。大航海時代初期の1521年、スペインのマゼラン探検隊が到達して以降、3世紀にわたり同国の植民地支配を受けてきたからで...

Read More
dummy
大航海時代に世界一周を成し遂げた人物とは?

大航海時代に人類史上初めて世界一周を達成した人物はマゼラン(1480頃〜1521年)というポルトガル出身の航海者です。初めはポルトガル王に仕えてインドからマラッカまで遠征を行っていましたが、待遇を巡り国王と決裂。スペイン国王カルロス1世の援助で航海に出るようになりました。マゼランの船出から帰国まで1519年、マゼランはトリニダード号と4隻の船隊、280人の船員を引き連れて世界周航に旅立ちました。南...

Read More
dummy
大航海時代の有名な探検家とは?

大航海時代が始まると、ヨーロッパの諸王国はアジアや新大陸に眠る富を目当てに、探検家の航海を援助するようになりました。東ヨーロッパからのオスマン帝国の圧力や、ルネサンス期の天文学・地理学・航海術の発達も背景にあり、航海探検は年々活発化していきました。ここでは大航海時代に活躍した有名な探検家を紹介します。バルトロメウ・ディアス(1450年頃〜1500年)ポルトガル出身の探検家で、ヨーロッパ人として初め...

Read More
dummy
大航海時代は中世?近世?

ヨーロッパの時代区分は古代・中世・近世・近代・現代に大別されますが、大航海時代はこのうちの近世にあたります。「大航海時代の開幕」=「中世(middle ages)の終わりと近世(early modern)の始まりを示す画期」とするのがヨーロッパの歴史学的解釈のスタンダードになっているのです。大航海時代で終焉する中世中世というのは西暦476年西ローマ帝国の滅亡とともに始まりましたが、大航海時代の開幕...

Read More
dummy
大航海時代で否定された地球平面説とは?

「地球は丸い」というのはもはや言うまでもない常識と思っている人が大半だと思いますが、人類の長い歴史からみれば、それが「あたりまえ」となったのはつい最近のこと。実は古代から中世までの長い間、我々人類が住む大地はまっ平(円盤状)だとする地球平面説が支持されていました。地球球体説の台頭地球球体説それ自体は、ピタゴラスやヘロドトス、プラトンなどの古代ギリシアの哲学者や歴史家により提唱されてきましたが、それ...

Read More
dummy
大航海時代で実証された地球球体説とは?

地球球体説とは、私たちが住むこの大地が「丸い」とする学説です。現代においては、もはや誰もが知る一般常識となっているといえますが、天文学や地理学が未発達であった古代や中世においては、「大地は円盤状である」とする「地球平面説」が信じられていました。地球球体説をコロンブスに説いた人物とはそれまで信じられていた地球平面説を覆し、地球球体説の確立に大きく貢献したパオロ・トスカネリ(1397年〜1482年)と...

Read More
dummy
大航海時代が東南アジアにおよぼした影響とは?

東南アジアとはアジアの南東部を占め、ベトナムやマレーシア、シンガポール、タイ、カンボジアなどの国がある熱帯・亜熱帯地域です。東西交通の要衝として古来から商業的・政治的・軍事的に重要視されてきた地域でもあり、大航海時代以降はヨーロッパ列強による利権争奪戦が繰り広げられるようになりました。ヨーロッパ列強による植民地化と商業革命大航海時代の始まりとともに、東南アジアを舞台に行われた香辛料貿易は、インド航...

Read More
dummy
大航海時代、なぜ香辛料が重視された?

香辛料(スパイス)とは、コショウ、シナモン、ナツメグなど、料理に風味や色を加えたり、食欲増進や消化吸収を助けたりするる調味料のことで、防腐や防臭という効果も持っています。保存技術が発達していなかった古代ヨーロッパにおいて、新鮮な肉が食べられることなどほとんどありませんでした。しかし東方貿易(レヴァント貿易)でもたらされた香辛料により、肉の臭みが抑えられ美味しく食べられることがわかってから、香辛料は...

Read More
dummy
大航海時代の日本は何時代?

大航海時代とは、15世紀半ばから17世紀初頭にかけ、ヨーロッパ諸国により全世界的な航海・探検が行われた時代です。バスコ・ダ・ガマのインド航路の発見、コロンブスのアメリカ大陸発見などを皮切りに、それまで地中海を舞台に行われていた海上貿易が、大西洋・インド洋・太平洋と地球規模でに拡大。いわゆる「地球の一体化」が起こり、世界各地が相互に影響を与えあう世界史が本格的に動き出すようになるのです。大航海時代の...

Read More
dummy
大航海時代、飲み水の確保はどうしてた?

大航海時代において、船乗りたちが飲用水として利用していたのは主にお酒でした。なぜ普通の水ではなくお酒だったのでしょうか。それにはかなり切迫した理由がありました。航海中酒が飲み水になっていた理由大航海時代、大洋を横断する上で、船乗り達の洋上生活は数か月におよびました。当時は今のように優れた冷蔵保存技術や消毒技術はなかったため、どれだけたくさん新鮮な水を積んでいたとしても、あっという間に腐敗し、水をた...

Read More
dummy
大航海時代の帆船の速度はどれくらい?

大航海時代はヨーロッパ列強がこぞって地球規模の航海と探検を行った時代です。当然海洋進出には船が不可欠なわけですが、エンジンなど存在しなかった当時は帆船が利用されていました。帆船はあまり速くない・・・大航海時代の帆船の速度は大体4ノットから7ノット程度。つまりせいぜい自転車の走行速度くらいしかなかったので、大洋を超える航海には数か月の期間を要しました。現代の速い帆船は20ノットは出ることを考えると、...

Read More
dummy
大航海時代開幕とともに疫病流行が始まった理由

大航海時代に行われた東半球と西半球における人・物・動物・食物などの大規模な移動のことを「コロンブス交換」と呼びます。交換されたのは作物や金銀など有益なものだけでなく、コレラやインフルエンザ、マラリア、ペスト、麻疹など恐ろしい感染症も含まれていました。大航海時代における疫病流行の影響大航海時代の開幕にともない、新大陸アメリカへ、ヨーロッパやアフリカ由来の感染症がもたらされました。その影響で先住民イン...

Read More
dummy
大航海時代と羅針盤の発明

大航海時代、船乗りが大洋を渡り無事目的地に着くため、絶対的に必要だったのが羅針盤(コンパス)と呼ばれる装置で、これを使えば大海原でも「地磁気の方向を指し示す磁針」により方位を知ることができます。原型となる装置は中国で発明され、アラビア人を通してヨーロッパに伝来。ルネサンス時代にさらなる改良が成された誕生したという経緯があります。羅針盤がなかった時代の航海羅針盤がなかった時代は、太陽や北極星など天体...

Read More
dummy
大航海時代にラム酒を重宝した理由とは?

大航海時代とは、ヨーロッパ人が大洋に続々進出する遠洋航海の時代で、帆船(速度は7ノット程度)による大洋横断には数か月かかりました。その間、乗組員は飲用水をどうしていたのかといえば、大部分をお酒に頼っていたのが実情です。保存技術も消毒技術もままならなかった当時において、新鮮な水をいくら樽に積んでおいたところで、あっという間に腐って飲めなくなってしまうので、腐りにくい酒を大量に積んでいたのです。ラム酒...

Read More
dummy
大航海時代開幕にともなう「地理上の発見」とは?

大航海時代とは、ヨーロッパ人が大洋に飛び出し、未知の土地や航路を発見した「地理上の発見」の時代です。ポルトガルのセウタ攻略、バルトロメウ・ディアスによる喜望峰の発見、それを前提としたバスコ・ダ・ガマによるインド航路の開拓、コロンブスによる「新大陸」の発見などがそれにあたります。ルネサンス時代の天文学・地理学・航海術の発達などが遠洋航海を可能にし、海外進出により利益が莫大であることがわかると、ヨーロ...

Read More
dummy
大航海時代の歴史的意義とは?

大航海時代は15世紀から17世紀まで続いた、ヨーロッパ列強諸国による世界進出の時代です。バルトロメウ・ディアスによる喜望峰の発見に始まり、バスコ・ダ・ガマによるインド航路の発見、コロンブスによる新大陸アメリカの発見など、様々な「地理上の発見」が成され、とりわけ西ヨーロッパの国々は貿易や植民地からの搾取により、莫大な富を得ました。世界にとっての意義何を意義とするかは立場によって変わるので、一概には言...

Read More
dummy
大航海時代にともなう「銀」流入の影響とは?

大航海時代、世界中の様々な産品がヨーロッパ大陸にもたらされましたが、その産品の1つに「銀」があります。銀は古来より貨幣・装飾品・工業製品の原料として重用された貴金属ですが、1545年スペイン人探検者によりボリビア南部の銀山が発見されて以降、ここで大量の銀が産出されては、ヨーロッパへと送られるようになりました。ヨーロッパへの銀流入の影響価格革命ヨーロッパに大量の銀がもたらされたことで、ヨーロッパの物...

Read More
dummy
ポルトガル・スペインが大航海時代の先駆けとなった理由とは?

ポルトガル・スペインが先駆けとなり、15世紀から大航海時代が始まりました。ポルトガル・スペインはアフリカ、アジア、アメリカ大陸に進出し、多くの領土や富を獲得します。ここではポルトガル・スペインが大航海時代の先駆者になった理由と、何が両国の大航海時代を支えたのかについて解説します。ポルトガル・スペインが大航海時代の先駆者になったわけ大航海時代が始まった15世紀、ポルトガルやスペインは新たな交易ルート...

Read More
dummy
大航海時代の幕開けが日本におよぼした影響とは?

15世紀半ばからポルトガル・スペインが主となり、大航海時代が幕開けしました。ポルトガル・スペインが日本に到達したのは16世紀半ばで、当時の日本は戦国時代に当たります。ポルトガル・スペインとの貿易を通じて、日本は大きな影響を受けました。ここでは大航海時代の幕開けが日本に与えた影響と、貿易の終わりに関して解説します。日本に与えた影響他のヨーロッパ諸国に先駆けて大航海時代を牽引していたポルトガル・スペイ...

Read More
ページの先頭へ戻る