フランス革命戦争

フランス革命戦争は、1792年から1799年にかけてフランスとヨーロッパ諸国の間で行なわれた戦争です。フランス国内の革命勢力と反革命勢力の内乱から、革命の影響が自国におよぶことを恐れた絶対王政諸国の介入で、ヨーロッパ全土を巻き込む戦争に発展しました。

 

フランス革命戦争の結果

1992年、フランス革命の結果成立したフランス革命政府が、国内に干渉するハプスブルク帝国(オーストリア)に宣戦布告したことで戦争の火蓋が切られました。さらに翌93年にはフランスの革命勢力を倒すべくイギリス、オランダ、スペイン、イタリアなどによる第一次対仏大同盟軍が結成されています。フランスは国民総動員体制でこれに対抗し、ナポレオンの活躍もあり、97年には対仏大同盟を崩壊に追い込んでいます。そして革命政府は国際的な承認を勝ち取り、ヨーロッパ全域にフランス衛星国を持つ広大な帝国を築き上げたのです。

 

 
ページの先頭へ戻る