チェコの有名な河川一覧|最長の川は?

首都プラハを通る、国内最長の川ブルタバ川

 

チェコの主要河川としてはブルタバ川、ラベ川、モラバ川が挙げられます。ここではこれら主要河川の情報を簡潔にまとめています。

 

 

ブルタバ川(国内最長)

延長:435km
水源:ボヘミアの森
河口・合流先:エルベ川

 

チェコ西部ボヘミア地方を北流する、国内最長の川です。流域の大部分で農業が、上流域ではガラス製造業、プラハ付近では工業全般が営まれています。また流域に点在する旧跡は、チェコの重要な観光資源です。

 

ラベ川(エルベ川)

延長:1,091 km(うち3分の1をチェコ)
水源:ボヘミア
河口・合流先:北海

 

チェコに発し、ドイツを経て北海に注ぐ川です。チェコではこの名で通っていますが、ドイツ名の「エルベ川」のほうが広く知られています。古くから内陸水路として利用され、かつてはプロイセン王国の経済的基盤になっていました。

 

モラバ川

延長:354 km
水源:クラーリツキー・スニェジュニーク
河口・合流先:ドナウ川

 

チェコ東部を流れ、スロバキア、オーストリアにもまたがる河川です。古くから経済活動に利用され、流域ではホドニン、オロモウツ、ズリーンなどチェコの主要都市が栄えてます。川名は川が流れるモラヴィア地方に由来。