ヴェネツィア料理の特徴とは?〜魚介を多用〜

ヴェネツィアは、イタリア北東部に位置する、ヴェネト州の州都です。干潟に築かれた「水の都」として知られ、中世以降、東方貿易で大いに繁栄し、「アドリア海の女王」として地中海を我が物にしていました。海港都市として発展してきた都市だけあり、古くから漁業が盛んで、魚や貝、甲殻類、軟体動物など海産物を利用した料理文化が発達しています。

 

 

 

ヴェネツィア料理一覧

イカ墨スパゲッティ(Spaghettialle seppie nere)

イカ墨とスパゲッティを和えた料理です。ヴェネツィア名物としてガイドブックには必ずといっていいほど載っている定番メニュー。バターと磯の香りが合わさった豊かな風味が特徴的です。パスタをお米に変えた、イカ墨リゾットも人気。

 

フェガト・アッラ・ベネチアーナ (Fegato alla veneziana)

ヴェネツィア料理といえば魚介が主流ですが、子牛のレバーとタマネギの煮込み料理であるフェガト・アッラ・ベネチアーナは数少ない肉料理の1つです。レバーのくさみを取るためにタマネギを使用したのが始まりといわれています。

 

サルデ・イン・サオル(Sarde in Saor)

ヴェネツィアで最もよく知られる伝統料理です。揚げた小イワシを、タマネギと共に酢漬けしたもの。タマネギは漬ける前にしっかりと炒め、ワインビネガーで煮る必要があります。海港都市のヴェネツィアでは、古くから船乗りの長旅の保存食として重宝されていました。

 

バッカラ・マンテカート(Baccala Mantecato)

ヴェネツィアの居酒屋などで定番のおつまみ料理です。干し鱈を水で戻し、ジャガイモ、パセリなどと共に牛乳で煮た後に、オリーブオイルを加えながらすり潰し、ペースト状にして食べます。クリーミーな高タンパク・低カロリーな練り物で、パンにのっけて食べる食べ方も人気です。

 

パスタ・エ・ファジョーリ(Pasta e Fagioli)

冬に家庭でよく食べられる伝統的なスープ料理です。イタリアで広く食べられる料理で、ヴァリエーションは様々。ヴェネツィアでは、ボルロッティ(うずら豆の1種)を主役に、ベーコン、タマネギ、セロリ、パセリ、ローズマリー、オリーブオイル、ショートパスタなどが具材に使われます。