ポーランドの森林

ポーランドは深い森が多い国で、森林面積は3割を占めています。クラクフ=チェンストホヴァ高原のオイツフ国立公園には豊な森林が広がっていますし、東北部からベラルーシにまたがる「ビャウォヴィエジャの森」は「ヨーロッパ最後の原生林」といわれ、広大な広葉樹が生い茂っています。

 

大部分は広葉樹と針葉樹の混交林が占めますが、山岳地帯に限ってはマツやモミなど球果植物も多くみられます。

 

ビャウォヴィエジャの森

位置:ポーランド北東部ポドラシェ県
面積:98,108ha
樹種:広葉樹

 

ユネスコの世界遺産にも登録されている「ヨーロッパ最後の原生林」。ヨーロッパの原生林は農地の開発や木材のための伐採でほぼ駆り尽くされたが、ここだけは最後の砦として保護されている。ヨーロッパバイソンやヘラジカなど希少な動物が生息する生物多様性の宝庫でもある。ここが開発されずに残ったのは、かつてポーランドの王族がこの地を狩猟場として保護していたことが背景にある。

 

ポーランド政府とEUの対立
この森をめぐっては、伐採を進めたいポーランド政府と、保護を訴える環境保護活動家や欧州連合(EU)の対立が続いている。2018年には、欧州司法裁判所がこの森の伐採が環境法に違反しているという判決を下し、ポーランド政府は伐採を断念している。