トルコの紅茶文化の特徴と歴史

トルコの紅茶は街のいたるところで振る舞われる国民的飲み物です。しかしその歴史は浅く、1900年代に入ってから急速に人々の間で広がっていきました。

 

トルコの紅茶文化の特徴と歴史をご紹介していきます。

 

トルコの紅茶文化の特徴

トルコの紅茶はチャイと呼ばれ、2段式やかんのチャインダンルックで沸かし、チューリップ型の小ぶりなチャイグラスになみなみと注がれ振る舞われます。

 

注がれた濃い鮮紅色の紅茶は好みの濃さに湯で薄め、角砂糖を入れて飲むことが一般的とされています。

 

レストランやチャイハネと呼ばれる喫茶店、一般家庭のほかにチャイの出前もあるほどで、トルコのどこにいてもチャイが飲めるという訳です。

 

特にチャイハネは庶民の憩いの場でおしゃべり好きなトルコの人々になくてはならない場となりました。

 

トルコの紅茶文化の歴史

16世紀、オスマントルコ時代にシルクロード貿易で中国から茶葉の苗がトルコにもたらされましたが、この時点では日常生活に根付くことはありませんでした。

 

1900年代に入ってから政策として黒海沿岸のリゼ地方で茶葉栽培が行われたことで、本格的にトルコ紅茶の歴史が始まります。

 

1950年代に入って大々的に茶葉が生産されるようになり、さらに70年代に入ってからはトルコ人が日常的に紅茶を口にするようになりました。

 

わずか50年足らずのうちに国民的飲み物になり、今ではトルコの1人当たりの紅茶の消費量は世界一だといわれています。