天ぷらの起源はポルトガルだった!?

ポルトガルと日本の関係が生まれたのは室町時代の後期。

 

1541年に豊後国に、1543年に種子島にポルトガル船が漂着したことから両国の貿易が始まり、ポルトガルの文化が日本に入ってきました。

 

今やすっかり定着している日本語の単語や和食の中にポルトガル由来のものがたくさんあります。

 

実は「天ぷら」もその一つ。天ぷらの起源を紐解いてみましょう。

 

 

天ぷらの起源は、ポルトガル人が伝えたフリッター

室町時代の後期、鉄砲伝来とともに日本に天ぷらの調理法が伝わったと言われています。

 

ヨーロッパ各地には「フリッター」という味のついた衣を使った揚げ物料理があります。

 

これが南蛮渡来の料理としてポルトガルから長崎に伝播。

 

現在でも長崎の天ぷらは小麦粉、水、卵黄、砂糖、塩、しょう油などで味付けした衣を使っています。

 

甘くて柔らかい味付きの「長崎天ぷら」は冷めてもおいしく、郷土の味として親しまれています。

 

天ぷらの語源はポルトガル語の「テンポーラ」

天ぷらの語源には諸説ありますが、有力とされているのがポルトガル語の「temporas(テンポーラ)」が語源という説です。

 

「temporas(テンポーラ)」とは「四季に行う斎日」という意味で、3月、6月、9月、12月の最初の水曜日から土曜日のことを示しています。

 

キリスト教徒はこの期間、キリストの受難をしのび、肉食(豚・牛・鶏など)を一切断ち、魚と野菜だけを食します。

 

そして日本にやってきた宣教師たちが魚のフリッターを食べるのを見た日本人が、その料理を「テンプラ」と呼ぶようになった・・・といわれているのです。

 

他にも調味料を意味する「tempero(テンペロ)」、調味する・混ぜ合わせるという動詞「temerar(テンペラル)」、寺院や教会を意味する「templo(テンプロ)」など、語源については諸説あります。