ノルウェーの有名な魚料理とは?

ノルウェーの海岸線を通るノルウェー海流は暖流であるため、港は凍らず一年を通して漁業が盛んです。

 

そのためノルウェーの食文化には海産物が欠かせません。

 

タラ、サケ、ニシンやサバなど、日本にも多く輸出されており、日本の鯖缶のほとんどがノルウェー産のサバを使っているそうです。

 

このページの内容

 

干鱈

中でもタラは干すことにより長期保存も可能で、よく食べられる魚の一つです。

 

シンプルに茹でてバターと食べることもありますが、伝統的な食材として、干鱈があります。

 

日本の干物のように鱈を塩水につけて干したものですが、これをトマトやジャガイモと一緒にディップにしたり、スープにして食べます。

 

タラから出る魚の旨味と海水の塩分が出汁となり、日本人の口にも合う一品かもしれません。

 

ノルディックサーモン

また、サケもノルウェーの名産海産物の一つです。

 

サケもまた、長期保存のためにスモークサーモンとして食べられることもあり、一年を通してノルウェーの食卓に上がる魚といえるでしょう。

 

生のサーモンを調理する場合は、サーモンをバタフライカットし(日本でよく売られている切り身が二つくっついている状態)塩ゆでしたものに酢漬けのキュウリを添えるコクテラックスという料理があります。

 

この調理法に限らず、サーモン料理に酢漬けきゅうりの付け合わせは定番でいつもこの組み合わせで提供されます。

 

ノルウェーの料理は概して質素であると言われており、確かにタラやサケも塩だけの味付けで食べることが多いです。しかし、長期保存のための工夫がなされており、素材の味を長く美味しく食べられる料理なのです。