アナーニ事件とと教皇のバビロン捕囚の違いと関係

「アナーニ事件」と「教皇のバビロン捕囚」の違いって何ですか?

アナーニ事件というのは、聖職者への課税権をめぐり教皇と対立したフィリップ4世が、使者を使って教皇を監禁・暴行した事件。(1303年)

 

「教皇のバビロン捕囚」というのは「アヴィニョン捕囚」のことで、教皇がローマから南フランスのアヴィニョンに拠点を移し、フランス国王の支配下に入っていた時期のことです。(1309年〜1377年)

 

これらは別の事件ですが、「アナーニ事件」で教皇が屈辱死に追いやられ、その権威が著しく低下した結果、教皇が国王の言いなりになったことによる「アヴィニョン捕囚」なので、両者は少なくない関係があります。

 

なお中世末期、度重なる十字軍の失敗で教皇権は衰退に向かい、代わりに十字軍で指揮を執った王の権威が上がっていましたが、アナーニ事件やアヴィニョン捕囚はそれを象徴する事件であったという点では共通しているといえます。