ベラルーシの地理的特徴

東ヨーロッパに位置する内陸国ベラルーシの地理的特徴について情報をまとめています。ベラルーシの地形や風土は以下の要素により構成されています。

 

 

ベラルーシの地形や風土

国境

東部:ロシア
北部:ラトビア、リトアニア
西部:ポーランド
南部:ウクライナ

 

気候

内陸国であることから、全体的に温暖な大陸性気候が支配的ですが、東部の冬は寒冷になります。

 

河川

西部を流れる西ドビナ川、ネマン川、南部を流れる最大河川ドニエプル川およびその支流ベレジナ川、ソジ川、プリピャチ川がベラルーシの主要河川になります。

 

このうちプリピャチ川流域は、「ポリシエ」と呼ばれるヨーロッパ最大の低湿地帯となっており、3分の1を森林が占めています。

 

氷河作用の影響でベラルーシには4000を超える多くの湖が形成されています。

 

山・丘

国土の西南西から東北東にかけて細長い高地が続いています。最高点はミンスクの西にあるジェルジンスカヤ丘陵の346m。

 

平野

ベラルーシは氷河作用の影響で、全体的に平坦な地形で、最高点でもジェルジンスカヤ丘陵の346mしかありません。