スウェーデンの有名な山一覧

スウェーデンは西部ノルウェーとの国境地帯が、1000〜2000m級のスカンディナヴィア山脈が走る山岳地帯となっています。最高峰はスカンディナヴィア山脈最北部にそびえるケブネカイセ山(標高2,104メートル)。北部・中部の山は鉱山で、この国の鉄鋼業を支えています。

 

ケブネカイセ山

標高:2103m
位置:北ラップランド、キルナ市
山系:スカンディナヴィア山脈
初登頂:1883年
解説:スウェーデン最高峰の山。この山の頂上は南頂と北頂の2つあり、最高峰なのは前者。標高1,880 メートルの地点に小屋があり。初登頂は1883年、フランス人の地理学者チャールズ・ラボット率いる遠征隊により行われました。

 

スカンディナヴィア山脈

古生代の造山運動によって形成された山脈で、北欧(スカンディナビア半島)の地形の中心を成す。スウェーデンとノルウェーの国境をなし、最高峰はノルウェーのガルヘピゲン山(標高2469メートル)