パリ講和会議

パリ講和会議は、第一次世界大戦後の国際秩序について話われた講和会議です。総会は全6回。フランス首相クレマンソーを議長に迎え、アメリカ大統領ウィルソン、イギリス首相ロイドの主導で進行しました。その帰結としてベルサイユ講和条約が調印され、戦後の新たな国際秩序「ベルサイユ体制」が開始されたのです。

 

 

パリ講和会議の参加国

講和会議は1919年1月、パリのフランス外務省で開始されました。ロシアと敗戦国を除く連合国代表、全27か国が列席しましたが、議題の中でも特に重要な問題は、五大国(アメリカ・イギリス・フランス・イタリア・日本)による最高会議で決定されました。

 

パリ講和会議の決定

国際連盟の創設

1919年1月、アメリカ大統領ウィルソン提唱「十四カ条の原則」のもと、国際紛争解決を目的とした国際連盟の創設が決定しました(実際の創設は1920年1月)。1926年にはドイツ加盟も実現するなど、平和維持機関としての役割が大きく期待されましたが、設立を提案した肝心の米国が不参加だったことも大きく、結局来たる大戦の歯止めにはなりませんでした。

 

ベルサイユ体制の構築

1919年5月、対ドイツ講和条約(ベルサイユ講和条約)が敗戦国ドイツに提示されました。それは莫大な賠償金支払い義務に加え、軍備の大幅制限や全植民地の破棄など、主権国家にとって苛烈かつ屈辱的な内容でしたが、フランスの対独報復主義が強かったこともあり、一切の容赦もなされなかったのです。

 

ベルサイユ体制の崩壊

ベルサイユ講和条約調印後の体制を「ベルサイユ体制」といい、この体制下の強い圧迫はドイツ人の不満を募らせていきました。それは世界恐慌が始まるといっそう肥大していき、ナチスというファシズム勢力の躍進に繋がります。そして1933年、政権を獲得したヒトラーは条約を破棄し、軍備制限もラインラントの非武装化も解除、ベルサイユ体制を終わらせ、再び狂気の世界大戦に突入していくのです。

 

 
ページの先頭へ戻る