ルネサンスは宗教改革にどう影響した?関係性とは?

14世紀からイタリアで始まったルネサンスは、16世紀に始まる宗教改革にどのような影響を与えましたか?関係性を教えてください。

結論からいえばルネサンスは宗教改革に間接的に深く影響を与えています。

 

ルネサンス以前のヨーロッパといえばカトリック教会の力が圧倒的だったのですが、十字軍遠征の失敗により、その力が弱まります。

 

それまでは

 

「幸福な出来事は全部神のおかげであり、病気・災害・戦争など不幸な出来事は神への信仰が足りないから起こる」

 

・・・という、なんでもかんでも神中心の考え方が支配的だったのですが、人々はしだいにそんな窮屈な世界に縛られることに疲れてしまいました。

 

そのため教会の影響力が低下すると、神中心の世界観を見直して、もっと人間性にフォーカスしようという考えが広まり、いわゆる「ヒューマニズム」を基礎にした文化・思想改革ルネサンスが起こったのです。

 

この改革運動は必然的にカトリック教会のあり方に対する批判へと繋がり、宗教改革の引き金となった、というわけです。