チェコの有名な山一覧

チェコは北西から北東にかけて山岳地帯となっており、低山に囲まれた盆地が国土の大部分を占めています。最高峰はポーランドとの国境にもなっているスニェシュカ山(標高1603m)。「ズテーテン地方」の由来でもあるズテーテン山地では、ウィンタースポーツや繊維・ガラス製品製造工業がさかんに行われています。

 

 

スニェシュカ山

標高:1603m
位置:チェコ・ポーランド国境
山系:ジャイアント山脈
初登頂:1456 年ヴェネツィア商人により
解説:チェコ最高峰の三角錐状の山。クルコノシェ山脈の一部をなす。チェコとポーランドの国境にそびえ立ち、頂上からは両国の美しい自然の景色が見られる。夏季には多くの登山客が訪れる国内有数の登山スポット。1980年代に取り壊されるまで、山頂には1900年頃に建てられた気象観測所があった。

 

ブラニーク山

標高:638 m
位置:チェコ中央ボヘミア州
解説:周辺には自然保護区が広がる。この地には「かつてボヘミア公ヴァーツラフ1世に率いられた騎士が眠っており、祖国が危機に瀕した時に眠りから目覚める」という伝説がある。

 

ペトシーン

標高:327m
位置:プラハ中部ヴルタヴァ川左岸
解説:山というより丘。緑豊かな公園や、中世に建造された歴史的建築物が保全されている。