フロンドの乱

フロンドの乱

フロンドの乱の中で起きた、バスティーユ城壁下での戦闘

 

フロイドの乱(1648〜1653年)とは、太陽王ルイ14世が幼少の頃に起こった、貴族と民衆による反王政運動です。ルイ14世の摂政・マゼランによる中央集権化政策への不満が高まる中、三十年戦争の軍費を賄うため増税を強行したことが直接のきっかけとなりました。反乱は新旧貴族が主導し、パリを中心に全国的に展開。一時的に共和政府を樹立するなど一定の成果を出しましたが、最終的には内部分裂で瓦解し、鎮圧されました。結果的にこの反乱で王権はますます強化され、中央集権化も進み、フランス絶対王政は確立されることとなったのです。

 

「フロイド」の意味
フロイドの乱のフロイドFrondeとは、当時流行っていた投石玩具の意です。マゼラン邸にパリの民衆がフロイドを使って投石したことから、このように呼ばれるようになりました。

 

 

古代の戦争

ラティウム戦争ペルシア戦争サラミスの海戦,アルテミシオンの海戦)/ペロポネソス戦争アッリアの戦いカイロネイアの戦いサムニウム戦争ディアドコイ戦争イプソスの戦いポエニ戦争カンナエの戦い)/マケドニア戦争ローマ・シリア戦争ルシタニア戦争ヌマンティア戦争奴隷戦争ユグルタ戦争ノレイアの戦いキンブリ・テウトニ戦争アラウシオの戦い,アクアエ・セクスティアエの戦い,ウェルケッラエの戦い)/同盟市戦争ミトリダテス戦争ガリア戦争パルティア戦争カルラエの戦い)/ローマ内戦ナウロクス沖の海戦)/アクティウムの海戦エデッサの戦い


中世〜近世の戦争

ローマ略奪ルーシ侵攻百年戦争イタリア戦争ユグノー戦争三十年戦争フロンドの乱ネーデルラント継承戦争第二次百年戦争


近代の戦争

アメリカ独立戦争フランス革命戦争ナポレオン戦争イタリア統一戦争メキシコ出兵エチオピア戦争第一次世界大戦イースター蜂起アイルランド独立戦争アイルランド内戦ロシア内戦シベリア出兵スペイン内戦第二次世界大戦ホロコースト北アイルランド紛争ユーゴスラビア紛争