フランク王国って今のどこの国にあったの?

ゲルマン民族のフランク人によって建国されたフランク王国

 

481年にクローヴィス1世が建国し、カール大帝の時に最盛期を迎えたフランク王国は843年のヴェルダン条約、870年のメルセン条約によって国が分裂しました。

 

この分裂によって出来た国は現在のフランス・ドイツ・イタリアの起源となりました。

 

今回はフランク王国の領土変遷と現在のヨーロッパに与えた影響に関して紹介します。

 

 

建国当初は小国、最盛期は西ヨーロッパ全域を治める

481年の建国当時のフランク王国は現在のベルギーとドイツ西部の一部しかありませんでした。

 

しかし、建国者であるクローヴィス1世はキリスト教アタナシウス派への改宗を背景にたった1代で領土を広げ、クローヴィス1世が亡くなった511年には南はフランス北部・西部・中部、東はドイツ南西部まで拡大していました。

 

クローヴィス1世の死後は4つの地域(息子4人分け与える)に分かれますが6世紀から7世紀にかけて領土を広げ、614年にはブルターニュ半島と南東部を除くフランス全域とドイツ西部を領土にします。

 

そして、8世紀入るとカール大帝が外征を積極的に行い、800年にはフランスとドイツの全域、さらにはスイス・スロベニア・チェコ・オーストリアといった中央ヨーロッパまで支配下に置きました。

 

これは現在のイベリア半島、ブリテン島、東欧、北欧を除く全てのヨーロッパを治めたことになります。

 

王国の分裂とフランス・ドイツ・イタリアの形成

840年にルートヴィヒ1世(カール大帝の子)が亡くなると、843年にヴェルダン条約が締結され王国は分裂します。

 

条約によって

 

  • シャルル2世の西フランク王国
  • ルートヴィヒ2世の東フランク王国
  • ロタール1世の中フランク王国

 

が成立しました。

 

それぞれの王国はルートヴィヒ1世の息子達が王として治めていました。

 

そして870年にはメルセン条約が締結され王国は再分割されます。

 

この条約は後継問題などで揺れていた中フランク王国を再分割した条約です。これにより現在のフランス・ドイツ・イタリアの国境の原形が形成されました。