マキャヴェリとは何をした人?〜近代政治学の祖〜


マキャヴェリの基本情報

 

本名:ニッコロ・マキャヴェッリ
別名:「近代政治学の祖」
生年:1469年
没年:1527年
出身:フィレンツェ
死没地:フィレンツェ
功績:政治と宗教の分離

 

マキャベリ(1469年 - 1527年)はイタリアの外交官で、政治をキリスト教的な倫理から解放したため、「近代政治学の祖」として知られる人物です。『君主論』の著者としても有名。フィレンツェ共和国の要職を何度も輩出した名家の生まれで、メディチ家追放後の1498年フィレンツェ共和国の外交官に就任。フランスや神聖ローマ帝国との外交交渉に尽力し、1509年、農民を中心とした新しい軍隊でピサの反乱を鎮圧したことで名声を手にしました。しかし1512年にメディチ家がフィレンツェに復帰すると、反メディチ家の烙印をおされ失脚。その後メディチ家顧問として一時的に復権に成功するも、1527年ローマ略奪でメディチ家がフィレンツェから追放されると、マキャベリも政権から追放され、同年失意のままに生涯を終えました。