フェルメールとは何をした人?〜光の魔術師〜

フェルメール画『取り持ち女』に描かれたフェルメールの自画像と思われる絵

 

フェルメールの基本情報

 

本名:ヤン・ファン・デル・メール・ファン・デルフト
生年:1632年
没年:1675年
出身:デルフト
死没地:デルフト
別名:「光の魔術師」
代表作:『手紙を読む婦人』『ミルクを注ぐ召使』『デルフトの眺望』

 

フェルメール(1632年 - 1675年)はバロック期を代表するオランダの画家です。画商の子としてデルフトに生まれ、故郷を活動拠点とし生涯を過ごしました。その美しい微細な光表現から異名は「光の魔術師」。現存する作品35点のうち、『手紙を読む婦人』『ミルクを注ぐ召使』が代表するように家庭生活にフォーカスした室内画が大半を占め、風景画は2点しかないものの『デルフトの眺望』は名作と名高いです。なおフェルメールは生前ほぼ無名で、彼の作品が広く知られ評価されるようになったのは、フランスの画家トレに発見された19世紀後半以後の話です。