大航海時代におけるイギリスの台頭

 

15世紀半ばから始まる大航海時代の先駆けとなったのはポルトガル・スペインであり、当時のヨーロッパでイギリスはあまり目立つ存在ではありませんでした。

 

しかしヘンリー8世(在位1509〜1547)の時代に少し遅れて絶対王政を確立し、航海・探検の支援をする準備が整います。

 

そして1580年、イギリス軍人フランシス・ドレークが南アメリカのホーン岬やドレーク海峡を発見するという偉業を達成。

 

さらには海賊のポルトガル・スペイン船に対する略奪行為を支援して、それで得た富を折半することで豊かになっていきました。

 

こうして国力をつけたイギリスは、1600年イギリス東インド会社を作り、本格的なアジア支配に乗り出します。

 

17世紀、東インド会社の交易によりイギリスの繁栄は頂点に達し、ついにはポルトガルやスペインが独占していたアジア貿易市場を奪ってしまったのです。

 

大英帝国の時代の幕開けとなりました。