ローマ神話はギリシャ神話の「パクリ」なの?

ローマ神話とギリシャ神話には、それぞれ対応する神がおり、とても似たエピソードを持っています。

 

では、ローマ神話はギリシャ神話の「パクリ」なのでしょうか。ここでは、その真偽について解説していきます。

 

 

ローマ神話はギリシャ神話の「パクリ」なのか

ギリシャ神話は、紀元前15世紀頃から始まったとされており、当初は吟遊詩人達が、古くから伝わる神々や英雄の物語を、口承で伝えるというものでした。

 

祭典などで歌われた神話は様々な文化に広がりをみせ、演劇や絵画、彫刻などの題材とされるようになります。

 

さらに紀元前6世紀頃になると、それは神話に限らずギリシアの影響を強く受けたローマに継承されました。

 

やがてローマの人々は、ローマ古来の神々をギリシャ神話の神々になぞらえ、自分たちの文化として親しむようになったのです。

 

つまり、ローマ神話がギリシャ神話に似ているのは、人の心を掴む神話がごく自然と広まり、そこに暮らす人々の中に浸透していったためといえます。

 

そのため、「パクリ」なのかと言えば、全く違うと言い切れない部分もなくはありません。

 

でも、日本にも中国や西洋から紹介され、すっかり馴染んでしまった文化というのは少なくないはずです。どこにおいても、文化というのはそうして広まり、定着していくものなのかもしれません。

 

ローマ神話、固有の特徴とは

ギリシャ神話とローマ神話を細かく比較すると、神々の性質は対応していても性格がまったく違ったり、どちらかにはない物語があったりと、相違点は多く見つけることができます。

 

中でも、ローマ神話においてもっとも大きな特徴とされるのは、建国者ロームルスの物語です。

 

ローマを建国するまでのアイネイアースやロームルスの伝承は、ローマ神話固有の物語です。