ギリシャ神話における「創造神」とは?

多くの神話には原初の神、創造神が存在します。しかしギリシャ神話では、世界、天地が神によってつくられるというより、「神が天地そのもの」であるため、神々の誕生と世界の誕生は表裏一体です。

 

 

原初の神カオス

Wenceslaus Hollar (1607〜1677)により描かれたカオス

 

カオスはギリシア神話の原初の神です。名は「空虚、裂け目、深淵」などを意味するギリシア語で、吟遊詩人オルフェウスはカオスのことを「すべての存在を超越する無限の象徴」とうたっています。

 

カオスから始まる世界創造

ギリシア神話では、世界は「カオス(混沌)」から、大地の神「ガイア」が生まれたことに始まるされています。ギリシア人は、まず「天地の創造が人々の運命を左右する」と考えたからです。そしてギリシア神話における神々の物語は、ガイアから生まれた天空神ウラノスが、ガイアとの間にたくさんの子をもうけたことに始まるのです。

 

吟遊詩人ヘシオドスによる叙情詩『神統記』では、「世界が生まれるには、まず世界が存在できる空間が必要であり、世界生誕以前には何もない無の空間が存在した。それがカオスである。」と解説されています。

 

カオスから生まれた世界

カオスからは幽冥(薄暗がり)の神エレボス、夜の神ニュクス、更にニュクスから大気の神アイテールと昼の神ヘーメラーが生まれたとされます。古代の人は、天地、昼夜が出来上がって「世界」が始まったと考えていたのです。