エーゲ文明とミケーネ文明の違いは?

エーゲ文明とクレタ文明の違いを教えてください。

エーゲ文明とは紀元前2600年頃にエーゲ海地域で栄えたいくつかの青銅器文明の総称で、ミケーネ文明はエーゲ文明を構成した文明の1つです。

 

ミケーネ文明の繁栄と衰退

ミケーネ文明はギリシア本土で栄え、前1400年頃からはクレタ文明の衰退にともない、エーゲ文明における文明の中心となりました。

 

経済活動の中心は農耕・牧畜・貿易などで、その中で線文字Bや、クレタ文明では見られなかった「堅固な壁で覆われた城」が出現しています

 

そんなミケーネ文明は前1200年頃に滅亡し、線文字Bをはじめとしたミケーネ文化は忘れ去られ、ギリシアは400年間の暗黒時代に入りました。

 

しかしこの時期に鉄器が普及したことで、新たな文明への転換が開始され、ギリシアポリス文明の発祥に繋がっていくのです。