ユーゴスラビア紛争

ユーゴスラビア紛争は、1991年から2001年にかけてユーゴスラビア連邦解体の過程で起こった民族紛争のことです。この紛争の中で、連邦の構成共和国は次々と独立を遂げていき、現在のバルカン半島諸国の国境が確定しました。

 

冷戦終結後最大の民族紛争となり、軍事介入の中で民族浄化・ジェノサイドと呼ぶべき戦争犯罪も多々発生しました。そういったこともあり、クロアチアとボスニアはこの内戦を「内戦」というより、ユーゴ連邦(セルビア)による「侵略戦争」と位置付けています。

 

 

ユーゴスラビア紛争の流れ

構成国の独立宣言

ユーゴスラビアは、異なる民族が入り混じった複雑な民族構成の国でしたが、89年に東欧革命が起こると、民族自決を求める声が高まっていきます。そんな中で1991年6月、独立宣言を行ったスロベニアに対し、連邦政府が軍事介入を行い、ユーゴスラビア紛争の開幕戦といえる「十日間戦争」が開始されたのです。

 

スロベニアがこれに勝利し独立を達成すると、クロアチア、ボスニア・ヘルツェゴビナ、マケドニア(現北マケドニア共和国)など他の構成共和国も次々と独立を宣言していきました。

 

紛争の拡大

構成共和国の独立宣言を受け、クロアチア紛争、ボスニア・ヘルツェゴビナ紛争とユーゴ全域に紛争が拡大していきました。またセルビア国内でもコソボ自治州が独立を宣言したことで、コソボ紛争が開始されています。

 

激しい戦闘の末、独立を宣言した国々は連邦政府から分離していき、6共和国と2自治州で構成されていた連邦国家も、1992年4月にはセルビアとモンテネグロを残すのみとなりました。

 

連邦の解体・消滅

二国はユーゴスラビア連邦共和国(新ユーゴ)の結成を宣言するも、2003年には「セルビア・モンテネグロ」に改称、2006年にそれぞれ独立国家となったことで、ユーゴスラビア連邦は完全に消滅しました。

 

 
ページの先頭へ戻る