啓蒙思想の現代への影響とは?

18世紀以降に盛り上がった啓蒙思想は現代にも何か影響を与えていますか?

啓蒙思想とは合理主義的な考え方を重視しようとする考え方です。神を絶対視するような視点を拝し、科学的、論理的に物事を視るを重視するのが特徴です。

 

  • 14世紀から始まるルネサンス
  • 16世紀から始まる宗教改革
  • 17世紀から始まる科学革命(「科学の時代」)

 

を経て18世紀に盛り上がった考え方で、人々はこの啓蒙思想にもとづき、新たな国家のあり方を模索するようになります。

 

その中で中世的な封建制度や絶対王政への疑念が膨らんでいき、フランス革命をはじめとして、18世紀末〜19世紀中ごろにかけて多くの市民革命を誘発することとなるのです。

 

そしてフランス革命により現代社会の基礎といえる、自由・平等・人権などの理念、国民国家(民族による統治機構)が確立されたと思えば、啓蒙思想が現代に与えている影響は少なくないことがわかるかと思います。