フランク王国と西ローマ帝国の関係や違いを教えてください。

まず西ローマ帝国というのは、395年テオドシウス1世の死の死後、東西に分割統治されることとなったローマ帝国の西方領として成立した国です。

 

ローマ帝国は前1世紀中に地中海世界全域やガリア(おおむね現フランス)を支配下に治め、ラテン文化を柱とする文化を根付かせることで、ヨーロッパ文明の原型を作りました。

 

しかし4世紀後半以後、北方のゲルマン民族が大規模移住を開始し、ローマ帝国領内に大挙。西ローマ帝国はそれがもたらす社会的混乱に耐えきれず476年に滅亡してしまいました。

 

そしてフランク王国というのは、この民族大移動期に、ガリアに定着したフランク人に建国された国です。西ローマ帝国の滅亡から間もない481年、フランク一派サリ族のクロービスが、ガリアに住むフランク諸部族を統一し、メロヴィング朝フランク王国を建国したのです。