ノルウェー領の島

ノルウェー王国が北海や太平洋に領有する島についての情報をまとめています。

 

 

スヴァールバル諸島?

海域:北極海
面積:61,022平方キロメートル
人口:約2700人

 

最大のスピッツベルゲン島には唯一人が住むが、他は全て居住には向かない不毛の島となっている。ノルウェー領ではあるが自治領に近く、法や政治制度が独自のものになっている。16世紀末にオランダ人探検家ウィレム・バレンツに発見されてから入植が始まり、20世紀にノルウェー領となった。

 

ブーベ島

海域:南大西洋
面積:49平方キロメートル
人口:0人

 

亜南極に浮かぶ無人の火山島。最も近い陸地とも1600kmも離れた絶海の孤島であり、島の9割は氷河に覆われている。18世紀にフランス東インド会社により発見され、1928年にノルウェー領に編入された。

 

ヤンマイエン島

海域:北大西洋
面積:373平方キロメートル
人口:

 

グリーンランドとノルウェーの間に位置する火山島。電波施設や気象観測施設の職員を除いて民間人はいない。島の名は1614年にこの島を発見したとされるオランダ人捕鯨船長の名から。長らくオランダ領だったが、1930年以降ノルウェー領となった。