アメリカとフィンランドの関係

フィンランドは1917年に独立を宣言しましたが、アメリカは最初に独立を承認した国の1つとなり、1920年に外交関係が確立されています。

 

以後政治・経済面で関係が深くなっていきましたが、第二次世界大戦ではソ連という共通の敵を持つことからナチスドイツと同盟を組んでいたため、一時国交断絶しています。

 

しかしラップランド戦争でナチスドイツと決別したことで、国交を回復。戦後は冷戦構造の中でフィンランドの戦略的重要性が増し、より両国の接近を促しました。

 

以後アメリカとフィンランドの関係は良好で、政治・経済・軍事・文化とあらゆる面で盛んな交流が行われています。