ラファエロとは何をした人?〜ルネサンス古典様式を確立〜


ラファエロの基本情報

 

フルネーム:ラファエロ・サンティ
生年:1483年
没年:1520年
出身:ウルビーノ公国・ウルビーノ
死没地:教皇領・ローマ
代表作:『アテネの学堂』『パルナッソス』

 

ラファエロ(1483年 - 1520年)はイタリアの芸術家で、ルネサンス古典様式を確立した巨匠として知られる人物です。ウルビーノに生まれ、ペルジーノに師事したのち、1504年フィレンツェにて多くの聖母像を描き、ミケランジェロやレオナルド・ダ・ヴィンチの影響で古典的芸術を追及するようになります。1508年にローマに渡った後は、教皇ユリウス2世の依頼でバチカン宮殿の壁画『アテネの学堂』『パルナッソス』など傑作を創出。同地にて37歳という若さで死去しました。