ギリシャ料理の歴史を簡単に紹介!

今やユネスコの無形文化遺産に登録を果たすほど、伝統のある食文化となったギリシャ料理。

 

ギリシャという長い歴史ある国の食文化は、果たしてどのように形作られたのでしょうか。

 

世界の料理の発展に大きく貢献したと言われるギリシャ料理の歴史について、ご紹介したいと思います。

 

 

最古の食生活

ギリシャでの食事の痕跡として現在発見されている最古のものは、なんと7000年前、旧石器時代にまで遡ることができます。

 

7000年前の人々は、育てた穀物や果実類を主に食し、牛や豚などの家畜の飼育も始めました。

 

そこからしばらく経つと、今度はその食材たちを焼いたり煮たりといった、今の食文化の原型とも言える調理法を導入し、料理の幅を広げていきました。

 

芸術としての料理のめざめ

紀元前5世紀ごろ、古代ギリシャの時代に、ギリシャの料理は大きな発展を遂げました。

 

現在ではフランス料理に対して使われる「ガストロノミー」という言葉がありますが、この文化がこの時代のギリシャで生まれました。

 

簡単に言えば、ただ焼く、煮るといった原始的な調理から、食を芸術の一種として捉え、ただ食べるだけではなく、そこにある文化要素を考えるというもので、日本では「美食」と言われる考えに近いと言えるでしょう。

 

ここからギリシャ料理は、様々な技法を用いて新しい料理を生み出していきました。

 

ギリシャ料理が与えた影響

ご紹介したように、ギリシャの食文化は世界の中でもかなり早い段階で成熟していったと言えますが、この文化はヨーロッパ諸国の文化にも影響を与えました。

 

古代ローマ帝国などは早い段階からギリシャ料理を高く評価しており、その調理方法から多くを学び、自国の食文化に取り入れたと言います。

 

またギリシャは、オスマントルコ帝国に400年にも渡って植民地化された歴史もありますが、その際に流入した中東の文化により、現在のギリシャ料理は、地中海の料理でありながらエキゾチックな雰囲気を漂わせる、唯一無二の食文化となっているのです。